四季を詩織る

雲と風と花を追いかけて

みだれ足

2016-09-18 11:03:40 | 日記

うすき影寄り添う秋陽にみだれ足秋雨悲し叶えぬ満月

心待ちにした満月の夜・・・・


忘れえぬ満月として


しっかりこの眼に刻みたくて


毎日・・毎夜・・・予報と


睨めっこしながら


晴れて欲しい。


雲間に覗く月でも良い。


望みは雨に流れてしまうのか・・・


秋を抱き


満月の興奮を味わいたかった・







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綾なす琴線 | トップ | ひびく鼓動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL