四季を詩織る

雲と風と花を追いかけて

秋をとどめて

2016-10-01 06:12:46 | 日記

指さきに秋をとどめて薄紅の温もる言を生みたし歌に


汗した昨日が嘘のように



指先が冷たい・・・


そわそわする足元に



温もりが欲しくなった。


心変わりの激しい


季節にどっと侘しさが襲い掛かる。



秋の日差しを浴びて



紅葉する野辺に跳び


悔いなき命の装いをしたい。


紅葉する野辺を浮かべがら


流れ行く秋に縋りたいような夜・・・・






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愁いに沈む | トップ | わびしき秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL