四季を詩織る

雲と風と花を追いかけて

指は震えて

2017-06-18 20:12:07 | 日記

むらさきのひかりを纏う純白の君と出会った指は震えて


花に恋して・・・・


光を探り


花の命に出会いたい。


薄い紫の風が漂い


真白な花が咲いていた。



白いカンパニュラと言う名の花の姿に魅かれて


撮影する手が震えた。と言う・・


花の写真 フレンド さん

拙歌   四季を詩織て
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花と語りて | トップ | けぶる若葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL