和姿きらり

きもののこと、日本の美しいもののこと

更紗の旅

2017-06-17 03:31:37 | 読みもの
エキゾチックな南国の柄、更紗はお好きですか?

京都きもの市場 銀座店さんからお借りした、貴久樹さんのご紹介のインド更紗の本。

たくさんの美しい更紗の写真がちりばめられた本。オーソドックスな木版更紗も、寺院に奉納されるヒンズーの神々を描いた手描き更紗も、素朴で情緒あふれている。

木版更紗の型。京都きもの市場 銀座店さんで撮らせて頂いた。精巧だけど、素朴な味わい。このハンコも美術品!

花やら果物やら。

更紗の代表柄・ペイズリー。インドでは、ペイズリー柄のことを、マンゴーと呼ぶそう。

木綿地に精緻な柄が挿されたインド更紗は、大航海時代に世界中に渡り、各地で愛されさまざまに模倣された。

更紗の旅、私のワードローブから~

ジャワ更紗の夏大島。インドネシアに渡った布は、ジャワ更紗を生み出した。

モリスの型押しのバッグ。19世紀のイギリスのアーツ&クラフツムーブメントの旗手、ウィリアム・モリスも更紗から意匠のインスピレーションを得た。

こちらもヨーロッパ風に解釈された更紗柄、フラワープリントのワンピースと綿の名古屋帯。


更紗の美しさは、もちろん日本でも愛され、きものに取り入れられた。
更紗の単衣。

藍色の更紗、絽のきもの

夏は、南国の情緒あふれる更紗柄を軽やかに装いたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月のきもの ④二代目清次郎... | トップ | 夢訪庵の桝蔵順彦先生 @京都... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL