てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

ニュウナイスズメ ♂と♀

2017年03月28日 20時55分08秒 | 日記

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れて温かくなるというのでニュウナイスズメを撮りに行ってきた。

花びらを咥えるシーンはなかなか撮れなかった。

たくさん撮りすぎて整理に手こずった。半分は明日やることにした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コミミズク ⑯

2017年03月28日 09時37分00秒 | 日記

 

在庫から。

 

170328


昨日 閲覧数1,294 訪問者数161

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キアシブトコバチ

2017年03月27日 20時00分25秒 | 日記

 

 

 

今日は雨で出られないと思い、炬燵でのんびりテレビを見ていると3時ごろに急に外が明るくなった。

見ると陽が射している。

運動不足気味なので近場に出かけたみた。

気温は低くて後悔したが、初めて見るアシブトコバチの仲間を撮ることが出来た。

このキアシブトコバチはチョウやガの蛹に寄生するという。

 5~7mmぐらい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロツラヘラサギ

2017年03月27日 14時18分19秒 | 日記

 

 

在庫から。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マガン

2017年03月27日 14時07分39秒 | 日記

 

 

 

在庫から。

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニリンソウ

2017年03月27日 13時58分22秒 | 日記

 

ニリンソウも咲きだした。



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミミガタテンナンショウ

2017年03月27日 13時36分17秒 | 日記

 

 

 

 

雌雄異株ですが、栄養状態がよいと雌株に性転換するという変わった性質を持っています。 
雄株では、訪花昆虫を外に出して雌株への受粉を円滑にするために、仏炎苞の基部に穴が空いていて訪花昆虫が逃げ出せるようになっています。 

そのあと雌花にやってくると、今度は下に穴がないので授粉だけさせられて出られずに死んでしまうそうです。

等とと書かれている。

昨年その様子を観察することが出来た。

 

      2016年03月25日に撮った、雄花から脱出する小さな虫

      

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴシュユの葉痕

2017年03月27日 12時58分03秒 | 日記

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤブサンザシの花

2017年03月27日 12時49分59秒 | 日記

 

 

ヤブサンザシとはスグリ科の植物の一種。学名Ribes fasciculatum

本州・四国・九州・朝鮮半島・中国に分布する落葉低木[1]。雌雄別株で4-5月頃、黄緑色の花を咲かせる。

花はが目立ち花弁のように見える。本物の花弁は小さくて目立たない。果実は液果で10-11月頃に赤熟する。

等とある。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コミミズク ⑮

2017年03月27日 12時33分37秒 | 日記

 

 

 

 

 

在庫から。

 

170327


昨日 閲覧数1,106 訪問者数198

コメント
この記事をはてなブックマークに追加