てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

ヤドリノミゾウムシ

2017年12月16日 19時37分55秒 | 日記

ケヤキの樹皮下で見つけたヤドリノミゾウムシ、過去にも一度記録したことがあった。

このヤドリノミゾウムシのことで面白い記事を見つけた。

いつも拝見している南大沢昆虫便り様に次のような記事がある。

ヤドリノミゾウムシの謎

 初夏、ケヤキの葉にこぶ状の虫えいができるが、これはケヤキヒトスジワタムシ (アブラムシの仲間) が作ったもので、

ヤドリノミゾウムシはこの中に産卵するというのである。

その幼虫は虫えいの内壁を食べ、アブラムシは死んでしまうようだ。つまり虫えいを乗っ取りその中でぬくぬくと育つ寄生者である。
なるほどヤドリノミゾウムシだ。

虫えいの中は安全で餌もある。自分で作れなければ、人の虫えいを奪うというわけか?

他にも、虫えいに寄生するゾウムシがいるという。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオマシコ ⑤ | トップ | ルリビタキ ♂ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事