てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

アリの勘違い

2017年06月16日 10時26分21秒 | 日記

 

 

 

 

樹名板の中に、何か隠れていないかとひっくり返してみると・・・。

ヤモリが出てきて慌てている。

カメラを向けると、アリが近づいてきた。そしてヤモリの脚の指にいきなり噛みついたのである。きっと虫だと思ったのだろう。

ヤモリは痛いが人間がいるので樹皮に同化してじっとしている。

そして足の指だけを動かして、アリを追い払おうとしている。

アリにしてみれば、ますます虫に見えたに違いない、巣に持ち帰るつもりのようだ、離れようとしない。

撮影も終わったのでアリを追い払ってやった。

せっかく寝ていたのに、気の毒なことをしてしまった。

 

 

170616


昨日 閲覧数1,612 訪問者数214

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キエダシャク | トップ | コサナエ ♀ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL