てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

コチドリ

2017年05月16日 21時27分58秒 | 日記

 

心配していたことが起きた。

二か所で営巣していたが、一か所の巣が消えてしまった。おそらくカラスに食べられたものと思われる。

今年こそはと思っていたが残念無念。毎年この言葉を繰り返す。

残った一か所の卵は、計算上明日頃に孵ると思われる。抱卵日数は23-24日と書かれている。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒオドシチョウの幼虫 | トップ | コゲラの子育て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL