てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

クコの実

2016年10月16日 19時06分57秒 | 日記

 

果実は酒に漬けこんでクコ酒にする他、生食やドライフルーツでも利用される。薬膳としての具にもされる。また、柔らかい若葉も食用にされる。

クコの果実、根皮、葉は、それぞれ枸杞子(くこし)、地骨皮(じこっぴ)、枸杞葉(くこよう)という生薬である。ナガバクコ(学名: Lycium barbarum)も同様に生薬にされる。

等とある。

副作用もあるので、「妊婦あるいは授乳中の摂取は避けたほうがよい」等の情報もあるという。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キゴシハナアブ | トップ | ヒメアカタテハ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL