てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

ヒモワタカイガラムシ

2017年06月14日 12時17分55秒 | 日記

 

 

宿主の範囲は非常に広く、ヤナギ類・ハンノキケヤキエノキクワコブシホオノキイスノキフウスモモマルメロタチバナモドキキハギネムノキミカン類・カエデ類・カキなどいくつもの科にまたがる。

年一化性で、成虫は五月中旬~下旬に成熟し、幼虫は六月ころから出てくる。

幼虫は当初は葉の裏面に寄生し、そこで終齢幼虫(三齢)まで成長する。終齢幼虫は落葉の前、10-11月にそこから移動し、枝先に定着し、そこで越冬する。越冬した幼虫は四月ころ成虫となる。

等とある。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シジュウカラの幼鳥 | トップ | リンゴツノエダシャク メス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL