てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

コアカミゴケ

2017年07月29日 18時48分18秒 | 日記

 

ハリオアマツバメの飛んでくる池に掛かっている木道の下駄に、赤い小さな花が咲いていた。

調べてみるとコアカミゴケだという。


ハナゴケ科 ハナゴケ属の生物で、腐朽した樹皮や腐植土のある岩の上に生育するという。

「コケ」という名があるが、全く別種のもので、「地衣類」という菌類と藻類からなる共生生物であるらしい。

なお、コアカミゴケの先っぽの赤色の部分は、「子器」(しき)という、種子植物の「花」 にあたる組織である。

等と書かれていた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミドリヒョウモン ♂ | トップ | アキアカネ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL