アラ還のズボラ菜園日記  

何と無く自分を偉い人様に 思いていたが 子供なりかかな?

外交官アーネスト・サトウの日本における業績 5 伊勢崎市との学術的考察

2017年06月10日 | Weblog

上記の埴輪と同じような遺物は,前橋街道の伊勢崎と,境町の間に位置するカミダクシ(以後,上武士)記す

村にあった。そして60~70年前にそこから出土した遺物類を,現在スズキキョウタイという名の

医者が所有している。彼は上武士の近くのホズミ(保泉)に住んでいる。

なを、出土した埴輪は現在は所在不明であるが、現当主の話では昭和始頃に納屋を解体する際に

大工が手順を誤って埴輪は、潰されたとの事であるが、現在もその所に埋まっていると考えられる。

なを、スズキキョウタイは、鈴木巌恭「すずきげんきょう」の事である。

『群馬県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外交官アーネスト・サトウの... | トップ | 雑草との限りない戦い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。