アラ還のズボラ菜園日記  

何と無く自分を偉い人様に 思いていたが 子供なりかかな?

外交官アーネスト・サトウの日本における業績 2

2017年06月02日 | 季節家電

アーネスト・サトウ著「上野地方の古墳群」より

現地調査から論文に至るまで

1、遺物出土に経過について

サトウがこの文章で報告している前橋大室古墳群は、1878年に石室が開口して遺物が、

出土している。「群馬県史」等では、狐、狢の類を捕獲するために掘った穴か偶然に、

石室に当たったと表向きは語られているが,『古制徴証』に紹介

されている井上真弓の書簡によると,「村吏県の許可を得て2月の下旬より開墾を始め,

古墳に参集した人員は毎日数百人」と記していることから,一応,公式に行われ,

且つ相当大規模であったようである。前二子,後二子両古墳の石室部分の発掘には,

3月21日から4月1日までかかっているらしい。

後二子古墳が開口したのが1878年3月21日で,22日,23日の両日をかけて遺物を調

査して取り上げている。引き続き,3月24日に前二子古墳か開口して,翌25日より4月1日まで

かっかって出土遺物と内部の調査が行われたようである。

地元区長の根岸重次郎より「室内出品言上簿』が県令揖取素彦に報告されたのか3月31日で,

その報告を受けて4月13日には,揖取から徳大寺實則宮内卿へ上申されている。

一方,井上真弓は4月4日に遺物図を作成して4月14日付                                  けで菅政友に書簡を送っている。県令の報告を受けて,10月22日に宮内省より2名派遣の達示があり,11月25日に大沢情臣,大久保忠保か実査している。

この年は明治天皇の北陸東海巡幸があった年で,宮内省の調査に先立つ9月4日に群馬県庁内にて,

これらの遺物(前二子,後二子,大黒塚古墳等出土品)は天覧に供したという。

そのことから岩倉宮内大臣より提出の口達があり,

1878年12月5日に御巡幸掛大政宮少書記宮谷森翼男に照会,その回答を受けて,

1879年2月3日に宮内省に提出したとされる。群馬県立文書館に残る公文書では、

1878年12月14日に大室出土遺物並びに,上武士出土遺物を宮内省に転送した行政文書があることから、

日数に若干の誤差があるものの,提出の事実は裏付けかとれる。

1879年3月17日に宮内書記官から,「献納したのは県か又は所有者か,買い上げてもよいのなら,

いかほどの代価がよいか。」という様な照会があったので,

3月19日にいままでの経緯を説明した回答をおこなったところ,3月27日に遺物は全て戻ってきたようである。

『栃木県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外交官アーネスト・サトウの... | トップ | 外交官アーネスト・サトウの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

季節家電」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。