(童話)万華響の日々

生活の中の多種多様な万華の響きを聴き、万華の世界を視ていてます 古稀になりました、今だからできることをしたいと思います

白紙領収書という政界常識

2016-10-14 20:32:59 | 雑感

国会議員同士が互いの政治資金パーテイに出席した場合に、白紙の領収書を渡されて、会費等の金額を記入して事務処理していたという、これには驚いて次に呆れて終には開いた口が塞がらないという始末である、

どこの世界にこんな話が通用しているのか、国会議員の世界であるという、県会議員(富山)の世界であるという、その他まだ見つかっていない行政府の世界かもしれない、

自民党だけなのかどうかも不明だ、例の号泣議員のときも追及されて彼は議員辞職した事例もある、

国会では共産党からの指摘で明らかになった、今後は誤解を招かないように改めるということで落着させたようだが、こんな落着でいいのか、本当に実際より高い額を記入するなどの不正はなかったのか、確認のしようもないのだろうか、どうもすっきりしない決着の仕方だ、白紙領収書というあってはならない不正な行為そのものが罰せられるべきだと思うのだ、一般の社会通念からは全く異質で隔たった慣習というしかない、これが政界の常識なのか

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥の糞害対策として鳥の偽物出現 | トップ | 2という数字レベルは安直に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL