(童話)万華響の日々

生活の中の多種多様な万華の響きを聴き、万華の世界を視ていてます 古稀1になりました、今だからできることをしたいと思います

福島原発事故で他県へ避難した人を差別してはならない

2016-12-20 20:30:27 | 九州、福島、三陸の復興応援・支援

福島原発事故で他県に避難した家族が疎外されている、子ども達がいじめにあっているという記事が続々とニュースになってきている、現れたものは多分氷山の一角であろう、なぜこういうことが起きるのか、観光客には「おもてなし」という美徳を説く政治家やマスコミ、その裏側で罪もない他県への福島原発避難者が非難を受ける現実をどう説明するのだろうか、

この件に関して肝心な原発稼働側の東電や政治家たちがコメントや謝罪をした報道にあっていない、責められるべきは避難者ではなく原発事故を起こした側ではないのか、避難した子供が「菌」呼ばわりされるのは全くの濡れ衣というべきだ、いわば一種の福島県の産物が風評被害を受けたようなものである、憐れみや同情や支援や応援があることこそ望ましい、いわんやこのような差別は絶対にすべきではない

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サルバトール・ダリ展を観た,... | トップ | 小林斗盦の篆刻展(東京国立... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL