(童話)万華響の日々

生活の中の多種多様な万華の響きを聴き、万華の世界を視ていてます 古稀1になりました、今だからできることをしたいと思います

「東電社員の5年半(上下)」の記事から思うこと

2016-10-08 20:49:35 | 千年大災害と脱原発・核廃絶推進の闘い

朝日新聞の「東電社員の5年半(上下)」という記事を読んだ、原発事故の被災者と会社側との間に立って辛い人生を送ることを余儀なくされた人々の話だ、被災者の大変な状況については新聞・テレビ・ラジオ報道やSNSなどでよく知らされてはいる、だがこれらの報道の陰でここにも原発事故の犠牲者がいる、と思った、被災者からは無視されたり嫌なことをときには罵声を浴びせかけられ、また賠償交渉の窓口に立てば面倒くさい賠償金のやり取りに精神を病む、東電に見切りをつけて退職した社員も大勢いる、しかし東電が犯した先の見えない罪の重さを十字架として背負ってずっと生きてゆこうと決心した人たちがいる、それぞれの人生は全く大変である、このような事態、このような亀裂を起こした、また今後もその恐れがある原発(稼働)というものをよく考えてみるべきだ、政府や電力会社はこれからもまだ亀裂を起こし、亀裂を拡げようというのだろうか

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法九条がノーベル平和賞を... | トップ | 鳥の糞害対策として鳥の偽物出現 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL