柚子の里で

囲炉裏民宿“柚子の里和三郎”のブログ

イタドリ

2017年04月20日 17時43分04秒 | グルメ

虎杖昆布〆酒盗和え

徳島県南部の人と高知県人は

この山菜が大好きです

特に高知県人は大好き

たぶん高知県人の好きな食材の鰹の次は、イタドリだと思います

イタドリは、60℃の湯をかけて、皮を剥きます

80℃くらいの湯で湯通しして冷水に落とし、水にさらす

水を変えながら3時間~半日くらいさらす

好みの酸味加減までさらします

器に盛りやすい長さに切って、とろろ昆布がおぼろ昆布をほぐして和える

20分くらいおいたら、酒盗を加えて和えます

こちらでは、塩昆布で和えた漬物が好まれるのですが

塩昆布は味をごまかすためのまぜ物が多くて、私は好きではありません

高級なものはそうではないのかもしれませんが

スーパーで売っているレベルのものは

昔でいう化学調味料とか旨味調味料がたっぷりです

最近は、化学調味料とか旨味調味料という言葉を使うと売れないので

アミノ酸等とか蛋白質加水分解物などと名前を変えている

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 鳴かぬなら・・ | トップ | 花便り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしい! (ロジャー)
2017-04-21 08:44:58
イタドリ、私にとっては非常に懐かしい食材です。小学生の時以来 40年は口にしていなかいかも?
今夜、初めて和三郎さんの料理を食べることができますので、いろいろ楽しみにしております。
ロジャーさんへ (和三郎)
2017-04-21 12:24:16
そこらじゅうにいっぱい生えていますから^^
でも、食べるのは春に1~2回くらい
高齢者のように、塩漬け保存したりはしません
私の母くらいの年齢だと
わりと、1年中食べている

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む