わさび人のアートライフ

わさび漬けを売りながら、暇をみつけてはアートに親しんでいる生活を一挙公開。

夜の歌

2017年06月09日 | 
なかにし礼(2016) 毎日新聞出版 2300円 459ページ

「サンデー毎日」に連載されたものです。

なかにし礼の自伝的小説。

ゴーストと言う名の時間、空間を越えた存在に導かれて、

子供のころから現在までを行き来する。

満州で終戦を迎えた、悲惨な現実をこれでもかと描きつくす。

作詞家としてデビューしたころの葛藤。

がんを宣告された時。

時間を越えて、自分の人生を振り返る。

よろこびも悲しみも乗り越えて生きて行く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鯉、放流 | トップ | メディウムはがし刷り1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。