山葵の別荘

京のお山の斜面の小屋で、ときどき描いたりつくったり。
与太を飛ばすのが仕事です。

言葉

2016年10月29日 01時34分09秒 | Weblog
「縁」というのはあるのだろうなと思う。
とても深いところで繋がってしまう相手というのがあるのだなと

この歳になったからなのか、
そういうものを感じる状態に有るのからかそれは知らないが



ある人の話を第三者に話すたびに
絶対にそれは相手耳に入らないはずなのに
まるで聴いていたかのように
ざっくりいってオカルト的にやってくるものはこんなに顕著にあるのだと知った。



あまりオカルトなことは言いたくないし
勿論文字に残したくもない。
けれども、それでも無視できないぐらいのことはおきる

おもうこと、話すこと、行動すること
それはほんとうにシームレスなのだと思う。


知った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 横着したらあかん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。