山葵の別荘

京のお山の斜面の小屋で、ときどき描いたりつくったり。
与太を飛ばすのが仕事です。

熱い購買、その後平熱で描く

2016年11月05日 20時03分35秒 | Weblog
今日はなんだかさくさく洗濯して冬物の準備ができたので
昼過ぎふらりとでかけてみた。

近所の画材屋に立寄り
拡張した隣の紙専門店にも。

すると、「紙詰め放題」という見た事のないものがやっていて、
ウホうとなりぐるぐる6回ぐらい触って回る。
(今思えば『めっちゃあの人紙詰め放題に夢中や』が丸わかり過ぎて恥ずかしい)

よし、と袋をもって真剣に選び始めると、あらら、
実はすごくいい紙が揃っているではありませんか。
これ冊子になってたら多分千円越えするよーというような上質なのが袋詰めして150円也。
久々に購買に胸が熱くなった。
A4、A5、ハガキサイズ各1袋しめて600円弱。
「私、得たよ!!こんなの得ちゃったよ!!」のテンションで店を出る。

画材と紙はもうしばらく買わないと思ってたけど、
やっぱりテンションぶち上がる。

不思議なのは、店内に結構人はいたのに、皆殆ど見向きしなかったのよね。
もったいないなあ…。

学生さんたちは多分潤沢に資金を使えるのね、と。
まあいいですけど。
多分過去の自分もそんなだったなと思う。

今、わりとどんな紙でもいいし
でも、できるなら良い紙をつかいたいという欲はある。

帰って来て、自然とひどいありさま机の上をどうにかなんとかして、
うふふとたのしんだ。

やっぱりいい紙はいいですね。
絵の具と紙は良いものはほんとうにいい。

しばらく描いていないので筋肉が固いような感じだったけど
やっぱりたのしいもので。
もっと常に感覚も腕もほぐしたいなとおもった。
このへん、スポーツとか音楽にも通じるのかなと思う。
やってないと身体がなまるのね。

帰って来ながら、「平熱で淡々と毎日描くのがよいのだろうな」と思った。
部活で毎日発声練習していた高校時分を思い出した。

誰に観せるでもなく、だからへんな力入れないで、
嘘はつかずに、心から楽しんで、ニュートラルを目指せばいい。
こんな簡単なことなんだと思う。
まー、結局きっと熱くなっちゃうんだろうけど、
それはそれで、こんな私なんで否定する事もないし。

机の上は開きっぱの状態で晩酌。
明日も楽しめるとおもうと嬉しい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほんものにあっさりなぎたお... | トップ | やりましょう »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (翡翠)
2016-11-05 20:43:29
やー 分かる分かる
紙見ると、訳もなくがテンション上がる!

神様ならぬ 紙様ですよ☆

昔、紙の見本市で しこたま貰って
まだ使ってるよ (^^♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。