山葵の別荘

京のお山の斜面の小屋で、ときどき描いたりつくったり。
与太を飛ばすのが仕事です。

インスタ運用し始めました

2018年01月17日 18時47分14秒 | Weblog
いつかHP作らなきゃなあと思いながら、ついつい先延ばしになっていたところ
友人からインスタはポートフォリオ的に使いやすいよとのことで、
放置していたインスタアカウントを運用することにしました。

作品はこちらで主に出していきますので、どうぞご高覧くださいませ。
https://www.instagram.com/wasabi0705/

しばらくはこれまでの作品整理と、新作をちょこちょこと上げていきたいと思います。
YouTubeほったらかしにしてましてすみません(苦笑
どうも動画というものが苦手なようです。撮っているというのがプレッシャーになって
あまり盛り上がりませんんでした。でも諦めたわけでもないので、
その気になったらまた上げますね。

しかし、インスタはやはりスマホのアプリなので、PCからの投稿が
非常にやりにくそうで、その壁が越えられていません。
サクッと上げられるようになるといいんだけど。
デジタル作品はその方が楽だし、スキャナー使いたいしなー。

ま、ぼちぼちいきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2018年01月04日 22時00分50秒 | Weblog
あけましておめでとうございます。

昨年は「人生の長期休暇」となりましたが
今年は、生き方、働き方などを改めて参りたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色彩

2017年08月08日 22時04分56秒 | Weblog
寝たり起きたりしながらだいぶお休みをいただいておりますが、
ちょっとずつ外にも出られるようになってきました。

ちょっとずつ絵も描くように。

挙げた絵は少し古いもので、まだ加筆中ですが、
鉛筆のみで仕上げるというのは
面白いというか、原点。

無彩色の中に色を感じさせるというのは色を扱う上で大きなことと思ってます。

そしてとても楽しいことです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日々できること

2017年06月14日 22時02分54秒 | Weblog
さきのエントリで書きましたが引き続きお休みをいただいています。

ここのところやや不安定で、昨日勢いで書いたエントリを整理しました。
情けないことです。
最初の1ヶ月は何も考えることもできずただ寝ていたように思います。
2ヶ月目は、九州に飛んで、トータル1週間親友のところで居候しました。
夢のような時間を過ごし戻って来てから揺り戻して寝込んだりしました。
少し早かったようです。

それについて正直すぎる思いを書いたのですがなんか、ちょっと違うなというか、
過剰だったなと思い伏せました。

ウェブ上の言葉、に限らず言葉は残るというのをもう少し
自覚しようと思いました。まだ発言するのには早いようです。
まだ療養中であることを自覚しようと。

現在、ぼちぼちと日課のようにイラスト動画を上げています。
アウトプットにも早いかもしれませんが
でもただひたすら少しでも動きましょう。

みっともない疵を残すようなものかもしれない
でも動かなければ動けなくなる

お時間ございましたらご覧ください

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=T4HzqgivbDc

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=w_OcUuiUUjA

https://www.youtube.com/watch?v=OCI1JqTrLkE

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=GpI-_QTTUPs

多分そのままリンク貼れてないとおもいます、すみません。コピペでお越しください


どれほど続けられるかわかりませんが、とにかく続けてみようかなと。
またぼちぼち更新します
何かしら自分で区切りを設けて、続けることが必要なのだと思います。
今の状態で無理はいけないとは言われるも、戻るためにとっかかりが欲しい。
あがきます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがたい

2017年05月02日 22時38分59秒 | Weblog
新年度スタートして、どころか、
もうゴールデンウイークに突入してしまいましたが。
実はきっかり新年度から、休職していたりしています。

理由は1つ。
合わないところで、無理をした。

出来ないことを出来ると過信して、壊れた。

情けないことにたくさんの人に迷惑をかけて、
引き継ぎも、私物引き上げも出来ず
本当に酷いことになってしまった。

そして知った、
合うことしか、出来ないのだということ。
自分をも騙すことは可能だが、永くは続かない。

やりたいことと、
自分が出来ること、
求められること、
その3つが一致するのは稀だけれど、

今からでもそれを本気で取っていくしかない
それは、自分のためにではない、

自分のためではないのだと思う。

今、弱っている私をたくさんの友人そして親が
本気で支えてくれていて
わたしの可能性を信じてくれていて
いきていて良かったと思う。

少し大袈裟な表現になったけれど
本当にありがたいと思う。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

得手不得手

2017年03月29日 20時11分56秒 | Weblog
いろいろと、きつい日々ではありますが、
相応の、生きてきたツケの支払いもあるのだと思う。

ただ、このように生まれついたということは
温かく諦めて、自分が最も還元できるように
はたらき、ふるまうことが、ただひとつ
やれることなのではないかなと。

得手不得手をようやく知った気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やりましょう

2017年02月16日 21時21分23秒 | Weblog
はずかしながら、遅まきながら、
やっぱり描くことが
何よりも大事で、
だからこそ何もかもをそのためにしつらえたのに

にも関わらず
ただサボってるだけなのがわかりました。

今年は個展やる。
いつにしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱い購買、その後平熱で描く

2016年11月05日 20時03分35秒 | Weblog
今日はなんだかさくさく洗濯して冬物の準備ができたので
昼過ぎふらりとでかけてみた。

近所の画材屋に立寄り
拡張した隣の紙専門店にも。

すると、「紙詰め放題」という見た事のないものがやっていて、
ウホうとなりぐるぐる6回ぐらい触って回る。
(今思えば『めっちゃあの人紙詰め放題に夢中や』が丸わかり過ぎて恥ずかしい)

よし、と袋をもって真剣に選び始めると、あらら、
実はすごくいい紙が揃っているではありませんか。
これ冊子になってたら多分千円越えするよーというような上質なのが袋詰めして150円也。
久々に購買に胸が熱くなった。
A4、A5、ハガキサイズ各1袋しめて600円弱。
「私、得たよ!!こんなの得ちゃったよ!!」のテンションで店を出る。

画材と紙はもうしばらく買わないと思ってたけど、
やっぱりテンションぶち上がる。

不思議なのは、店内に結構人はいたのに、皆殆ど見向きしなかったのよね。
もったいないなあ…。

学生さんたちは多分潤沢に資金を使えるのね、と。
まあいいですけど。
多分過去の自分もそんなだったなと思う。

今、わりとどんな紙でもいいし
でも、できるなら良い紙をつかいたいという欲はある。

帰って来て、自然とひどいありさま机の上をどうにかなんとかして、
うふふとたのしんだ。

やっぱりいい紙はいいですね。
絵の具と紙は良いものはほんとうにいい。

しばらく描いていないので筋肉が固いような感じだったけど
やっぱりたのしいもので。
もっと常に感覚も腕もほぐしたいなとおもった。
このへん、スポーツとか音楽にも通じるのかなと思う。
やってないと身体がなまるのね。

帰って来ながら、「平熱で淡々と毎日描くのがよいのだろうな」と思った。
部活で毎日発声練習していた高校時分を思い出した。

誰に観せるでもなく、だからへんな力入れないで、
嘘はつかずに、心から楽しんで、ニュートラルを目指せばいい。
こんな簡単なことなんだと思う。
まー、結局きっと熱くなっちゃうんだろうけど、
それはそれで、こんな私なんで否定する事もないし。

机の上は開きっぱの状態で晩酌。
明日も楽しめるとおもうと嬉しい。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ほんものにあっさりなぎたおされる

2016年11月01日 21時38分12秒 | Weblog
最近大きな反省が有る。
アタマで観る事、感じる事を考えていたのだと思う。

そのうえ上質な目を持つ人の言葉を自分の言葉のようにまき散らすひどいシロモノ(自分)を呈していた。
本物を観ている私、解ってる私を演じていた。

残念な事に、「審美眼を持つ人を嗅ぎ付ける嗅覚」だけは鋭いので、
大抵の人はだませるものだ。
わかってる人かっこいいじゃんというのが根底にあったのだろう。

なんてみっともないんだろう、心底情けない。

だからどう見えるかが判断基準で「本当に自分がどう思うか」の問いに口ごもる。
そのことに自分も気づいていたし、だから居心地のよいところ、
言いくるめることができる場所だけで過ごしていたのだと。
しかもそれに気づいていたのに気づかないフリをしていた。

私はものつくりの入り口にすら立っていない。
そのことに気づいた


本物には、瞬時に自分のすべてがなぎ倒される。
嗜好も、ちゃちな「結論」も。存在も。
だから自分の感じる事で良いんだと思う、そこで噓は通用しない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横着したらあかん

2016年11月01日 21時26分34秒 | Weblog
「じぶんひとりになりなさい」

っていうことばがやってきたのは、一年位前だろうか、忘れてしまったけれども。

ともかく、そう思った。

この意味がわかんなくって、けっこう意識が右往左往したけど
あれは、「ちゃんと自分の目で観て、自分で感じなさい」
ってことなんだという、たぶんの、今の自分なりの答えを導いた。

それと前後して今も引き続き、日常はいろいろ
大きな波があったり凪いだりと変化しているけれど

ようやく、人の目や価値観を介してではなく、
観る、感じることをし始めたように思う。
随分と横着をしていたもんだ。そしてそれはとても失礼なこと。

やはりひとりになることは必要だったのだと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言葉

2016年10月29日 01時34分09秒 | Weblog
「縁」というのはあるのだろうなと思う。
とても深いところで繋がってしまう相手というのがあるのだなと

この歳になったからなのか、
そういうものを感じる状態に有るのからかそれは知らないが



ある人の話を第三者に話すたびに
絶対にそれは相手耳に入らないはずなのに
まるで聴いていたかのように
ざっくりいってオカルト的にやってくるものはこんなに顕著にあるのだと知った。



あまりオカルトなことは言いたくないし
勿論文字に残したくもない。
けれども、それでも無視できないぐらいのことはおきる

おもうこと、話すこと、行動すること
それはほんとうにシームレスなのだと思う。


知った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年10月29日 01時22分21秒 | Weblog
完全に自慢になって恥ずかしいんだけど、

「こんな40代になったらだめだよ」
って職場の若いひとたちと話をしていたら

「そんな40代になりたいです」って言われて
これまでが報われたし、とびきりの賞をもらった気がした。

それがお世辞だとしても(それは言ってくれた彼女に悪いね)
本当に嬉しかったんですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

些細なトンチキ

2016年10月29日 01時04分39秒 | Weblog
同僚と遊びに出かけたのだが、街中のステキ路地に唐突に柳の木が立っていた。

まあ、ザ・京都な演出がぐいぐい頑張っているんだなと
いやらしいなあもう、とやや斜めに感じてしまったのだが

それよりもなによりも、
「街中に居て手元に柳の枝先がある」
ことになんやそれという興味が勝ってしまいぐいぐい引っ張ったら、
今日の雨上がりですから、頭からびしゃびしゃ水玉を浴びてしまって
びっくりしてうわあとなったあと

「そうなるわな」
とセルフ突っ込みを入れたら同僚が「なにしてるんですか」と笑い転げていた。

まるで考えなしにやってしまった恥ずかしさと
これ知ってやってたらあざとすぎてそんな女は許さんと思う自分と
これを完全に楽しくやってしまった自分とがシャッフルされて
めちゃくちゃ混乱した。

でも多分これが大事なことなんだと思う。
これでいたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鏡を見る

2016年10月02日 22時30分19秒 | Weblog
「やりたくない事をやっている人間の顔は、歪んでいる」

というのをどこかで読んだ。
私の顔はどうだろうか。

今日鏡を買って来て、みえるところに置いた。

自分にも、他人にも噓はついていないつもりだが
どうなんでしょうね。
どんな顔で人に接しているのかしらん

よくわかりません。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

落ち葉

2016年09月20日 19時26分18秒 | Weblog
落ち葉が、光っている。

赤や黄色の唐突すぎるあの色は
夕闇に沈んだ景色の中で発光している。

紅葉は、なんか化学変化みたいなもので
暑さとか寒さとかを経てよかったりいまいちだったりするようだが
それをアタマの隅で考えながら
それとこれとはまるでかみ合ってない話で
お互いお前ら何言ってるんだっていうせめぎ合いが自分の中で一瞬起きて

とにかく発光してるんだよ、うるせえなってなった。


この時期にしか観られないものを
どれだけ見過ごして来たのだろう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加