わずきっちん

meme の『お家ご飯』とMr.オコナの『男の料理』。
和食器のお店ワズのおいしいレシピ集♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『鶏鍋』生姜とニンニクたっぷりスープで風邪知らず!

2008-10-07 21:45:20 | 鍋・スープ
こんにちは、memeです。

あったか~い鍋が美味しい季節、やってきましたねぇ
我が家でもハ~フ~言いながらきょうは鶏鍋をしました。

クシュンクシュン♪とくしゃみが出たと思うと、ゴホンゴホン♪と咳き込んだり
なんだかヤバくない??なんて思った時はコレ↓生姜とニンニクたっぷりの
鶏スープ鍋は効きますよ~



鶏ガラスープに生姜とニンニクのスライスをたっぷり入れて
薄口の出し醤油(ウチではカマタの減塩出し醤油です)とお酒で味付けをしたら
大根をじっくり煮込みます。

大根に味がしゅみ柔らかく煮えたところへ鶏肉(きょうは骨付きの鶏肉にしました)を入れ
しばらく煮込んで季節のお野菜をさっと入れいただきましょう。



大根が鶏のスープですんごく美味しくなってますよ…
大根も主役級ですね。

生姜とニンニクがミソ!!味にコクも加えるイイ脇役です。

最後はもちろん、こっくりと濃厚な鶏のスープで雑炊を



これを食べなきゃ後悔しちゃいますよネ

さて、明日は元気に張り切るぞ~ってね

余談ですが、実は我が家の土鍋は一年中 大活躍しております。
もうかれこれ4~5年は使ってるような気がしますねぇ…
玄米を炊いたり、肉じゃがを煮込んだりホームパーティーで大好評のパエリアを作ったりと
スーパー土鍋はフル回転しております。

イタリアで活躍されている日本人デザイナーのデザインだけあって
世界のお料理に使え、そのまま食卓にだしてもオシャレ~ってとこも気に入ってます。

この土鍋(クチーナコンポ)は、わたくしmemeの一押しアイテムですよ
これ宣伝したくて言ってるんじゃナイですよ!!マジ良いので ついつい・・・イヒッ

わずきっちんでもこれから度々登場すると思いますので
よかったら参考にしてみてくださいね

では、朝晩が寒くなりましたので くれぐれも風邪などひかないように
お身体ご自愛くださいませ。
もし、クシュン・ゴホン♪ときたら ↑生姜とニンニクたっぷりの『鶏鍋』食べてくださいね~

では、きょはこの辺で


               チャオ~


                 meme

★ランキングに参加しております。
 ポチッとしていただけると喜びます 

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



お菓子材料の店「クオカ」

和食器と暮らしの店 wa's

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『お茶事』松茸の碗物と男の着物 | トップ | ベランダガーデン『薔薇とバ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yashinoki)
2008-10-08 07:48:57
おいしそう。。。鳥のお鍋。
すごーい。雑炊もおいしそう。。。
カマタの持ってます。やってみよう。
やしの木さんへ (meme)
2008-10-08 17:04:24
カマタ持ってるの~
私、実家の母が随分昔からお取り寄せしてまして
それをいつも、ごっそり持って帰るんです
毎日使ってます。
アメリカにも売ってるといいね?!
出しは鶏ガラスープの素で充分ですよ。

ちなみに、鶏ガラスープとカマタのお醤油で作ったスープは
ラーメンのスープにするととってもおいしいですよ。
コショウを振ってね
Unknown (チャベスママ)
2008-10-08 19:55:08
はいは~い!

ゴホゴホ クシュン!とやってしまってます~
息子のがうつりました~

美味しそうなお鍋ですね~お鍋も素敵~♪

我が家も春夏秋冬、週に一度は鍋をしています!

土鍋で炊くご飯も美味しいですよね~

陶芸で土鍋を作ったんです。
何度も何度も使っていたら
底にヒビが入ってしまって・・

今は植木鉢となっております(^^ゞ

にんにく生姜の鍋~ぜひとも真似っこしたいです!
チャペスママさんへ (meme)
2008-10-08 20:59:01
あらあらっ、やっちゃいましたか~!
鶏鍋 早速作って食べて下さいね。

ん?!
土鍋を作ったってー?
すごいじゃないですか…驚き!!!

昔から、土鍋はお手入れが大変で
すぐひび割れがひどくなって使えなくなるんですよね。
でも、プランターにするなんて愛着ですね。
私も、焼き上がった器に穴が空いてたのにはショック
でも、やはり植木鉢にしてます。はい(笑)


あわせて読む