泣き笑い人生のつれづれに

足をのばせば田舎が一杯。散歩の道すがら見たこと聞いたこと気づいたこと、時には歌などできたら、お話したいと思います。

名前が二つ

2017-05-03 13:17:21 | 独り言

今朝、テレビを見ていたら、連ドラで名前がひらがなになっていた。

ひらがなは珍しいなと思ったら、その時、思い出したことがある。

別にひらがなと言うわけではないが、私が若いころ、つまり良く笑う屈託のないお嬢様であったころのことである。

職場の一人の女性が「私は名前が二つあった」と言った。「なぜ」???

その人は、私の母程の年齢の方だった。

昔は珍しくなく、呼び名と役所に届けた名前が違うことがあったらしい。

なぜ、そうなのか聞いたようにもあるが、今でははっきり覚えていない。何処の地方にも、そんなことがあったのだろうか……

私の年代の人には、そういうことを聞いたことは無い。

あまり考えると今夜も眠れなくなりそうだから、考えるのはよそう。

知ってる方は、教えてください。

ではまた、お会いしましょう

ジャンル:
おもしろい
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウォーキング大会 | トップ | 骨粗鬆症の注射 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あれ? 変かな (kumamonmon)
2017-05-03 18:34:58
やついいちろう(谷井一郎)のことですか?
実は、相方が名前を二つ持っていますよ。相方の親戚の人から「けいこちゃん」と呼ばれていたのを不思議に思ったものですよ。
戸籍上は「壽子」といいます。、生まれ故郷の方では結構二つの名前を持ってるそうですよ。
そこで理由を聞くと、名前負けするといけないから、違う名前で呼ぶようになってるそうだった。
壽に負けるんですかね、いい思いはしてないようですが、やっぱり負けてるんですね。ちなみに「けいこ」の幹事はどんなかわかりません。お茶で有名な八女の方みたいだそうです。
Unknown (タカコ)
2017-05-03 19:43:30
母の従兄弟が、二つ名前がありました。
戸籍に乗ってる名前と通称と言うか?全然違う名前でした。
手紙などは、戸籍上の名前で(出ないと届きませんから
で、呼ぶのは通称。4人兄弟でその人だけ、
理由は聞かなかった、、、

私の生まれ年は家を継ぐ運命?らしいです。なので、長男じゃない場合、外雄とか外志男って、名前の子が多かったし、
普通の名前の子は、外ちゃんって呼ばれていましたよ。
Unknown (あざみ)
2017-05-03 19:45:13
国籍が違うとかじゃないですか。
私の友達も呼び名が二つあって可笑しいな、と思って
他の友達に聞いたらそうでした。
Unknown (ひまわり)
2017-05-04 12:01:34
届け出た名前と愛称だったのでしょうか?
私はそんな話は知りませんけどね
ただ実際に生まれた日と 届け出た日が1ヵ月以上違うって話は聞いた事がありますね
名前 (miyotya)
2017-05-04 14:58:47
こんにちは。
名前が二つ・・・そう言えば昔聞いたあことがあります。
親が出生届の時に読みを間違えて届けてしまったと。
そして、普段呼んでいる名前と戸籍の名前が違っていて、戸籍謄本を取った時に分かったとか。

色々あるものですね。
こんばんわ (ブルーメ)
2017-05-04 21:05:25
産まれた日が戸籍と違うのはよく聞きます。
仕事が忙しくて届けに行くのが遅かったり、縁起のいい数字に変えたり、3月に産まれても4月にしてしまったそうです。今は当て字の名前が多くて、おれおれ詐欺に電話しようにも本当の名前が読めなくて詐欺防止に役立つでしょうね。
kumamonmonさん (吾亦紅)
2017-05-05 10:45:33
そうですか、八女の地方には、それが残っているのですね。
もう、この辺りでは、そういう話は聞きませんが。
どんな理由でそうなったのか…
名前負けしないようにですか?
届けた名前を大事にしたということでしょうかしら。
タカコさん (吾亦紅)
2017-05-05 14:04:06
どうして、そうだったのでしょうかね。
単なる愛称とも違うのですよね。
私の聞いたその人のときは、昔は良くあるケースだったようにも聞いたような気がします。

長男か、そうでないかが名前でわかったのですね。
あざみさん (吾亦紅)
2017-05-05 14:05:59
国籍が違って、二つあるというのとは全く違いました。
何か曰くがあってのことだと思いました。
ひまわりさん (吾亦紅)
2017-05-05 14:12:53
単なる愛称とも違うのですよ。
全く、異なった名前で普段は呼ばれているのだそうでした。
住む地方にも寄ったのかもしれませんね。

出生年月日の違うのは、よく聞きました。私より若い人でも、「自分は本当は12月だったけど、元旦になっている」という人もいます。

コメントを投稿

独り言」カテゴリの最新記事