泣き笑い人生のつれづれに

足をのばせば田舎が一杯。散歩の道すがら見たこと聞いたこと気づいたこと、時には歌などできたら、お話したいと思います。

今は昔 田舎の列車

2017-04-04 17:54:07 | 思い出

昨日のNHK朝ドラを、昼に見た。何故、昼かは詮索しないほうがいい

ヒロインが友達と二人でバス停へ急ぎ、バスが待っていてくれた。

この場面を見て、自分の高校時代を思い出した。

私は家から駅まで歩いて約30分、汽車・ジーゼルに乗って40分くらいだったろうか、汽車通学をしていた。

毎日、それこそ家を出るなり走って、駅まで殆ど小走りにかけどおしだった。

それでも、汽車の方が早く駅につくことがしばしばで、真剣に走った。

駅の手前に橋があり、橋を渡るとそこから線路を息せききって走る。運転士さんは皆が乗るまで待っていてくれた。その汽車に乗り遅れると、2時間くらいは待つしかない。

半世紀以上も前の話だ。当時の田舎では珍しいことではなかった。大切な足だったのだ。

そんなことを思い出させたドラマの一場面だった。

ついでに言うと、汽車通学の思い出は沢山あるが、通学生には一体感があったように思う。汽車通同士の連帯感といっていいだろうか。

学年が違っても今でも年賀状でつながっている人もいる。石炭の煙で汚れたことも今は懐かしい思い出である。スエンと言っていたなー。

その懐かしい宮之城線は、昭和62年1月に廃線となった。今は線路跡が道路になったりしている。

ではまた、お会いしましょう

 

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早や4月 | トップ | やっと桜の開花宣言 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
汽車通学 (pochiko)
2017-04-04 23:50:49
一度やってみたいと思ってましたが
自転車通学でした。
だからか、今でも汽車通学に憧れみたいなものを持っています。
なんか青春って感じしますよね。
吾亦紅さん羨ましいです。
こんにちわ (ひまわり)
2017-04-05 11:45:12
汽車は通勤の時でしたね
中学 高校とバス通学でした
所謂エクボ道路 揺れに揺れていました

テレビで懐かしかったでしょうね
昔に戻りたい 叶わぬ夢ですね
朝ドラ「ひよっこ」 (miyotya)
2017-04-05 11:58:26
今度の朝ドラは、私達が育った時代背景と同じで、とっても懐かしく見ています。
バスも電車も、少し遅れても待ってくれましたね。
電車の運転席の所が景色が良く見えて一番好きでした。
pochikoさん (吾亦紅)
2017-04-05 12:45:36
自転車通学でしたか。それも又、いい思い出ですね。
映画でも自転車に乗って颯爽と行くのがあると素敵と思っていました。
どちらも、それぞれに良さがあっりますね。
ひまわりさん (吾亦紅)
2017-04-05 12:50:30
そうそう、かなわぬ夢です。

中学もバス通学だったのですか?
あの頃の道路は何処もエクボ道路でしたよ。
ひまわりさんは、恵まれていたのでしょう。
私の小学校・中学校は遠い人は1時間以上かかって登校してました。
miyotyaさん (吾亦紅)
2017-04-05 12:54:18
時代背景は重なっていますね。
そちらでも、待っててくださいましたか?
あの頃だったからこそのように思います。

通学してる頃は蒸気機関車に惹かれてるのと、ジーゼルと混じってました。
Unknown (タカコ)
2017-04-05 17:59:29
ずっと徒歩通学でした。
バスや電車を待つ姿が、なんか羨ましかった。

通勤はバスで、毎朝 満員バスに揺られて、
やっと席が空くのは、下車直前。。。でした。
朝ドラ ひよっこ (オヤジな私)
2017-04-05 20:23:36
昭和39年の物語ですね。
結婚の前年、勤めて3年目のオリンピックの年でした。
当時を思い出しながら、懐かしく視聴しています。

高校の通学は国電、都電の乗継でした。
国電は時間通りに走ってくれましたが、都電が曲者で、道路事情、信号待ちなどで時間に不規則でしたね。
都電から学校まで全速力で走ってました。

石坂浩二の昼ドラも面白そうです。

コメントを投稿

思い出」カテゴリの最新記事