むらっちん!

おぉ!
光陰矢のごとし。
季節が過ぎていくのは早いなぁ。
田舎の大ネズミが主婦業と受験勉強する日記。

チャコ、虹の橋を渡る。

2017年02月20日 23時26分57秒 | 修行日記
ここ数日、クシャミと鼻水が止まらないむらっちん!です。
宮城で花粉飛んでますか?Σ(-᷅_-᷄๑)
鼻かむのが忙しくて、花粉情報検索する気力が出ませんね。


むらっちん!の母の誕生日。
おめでとうメールでもしようとケータイ見たら、
実家で飼っていた犬の訃報。


覚悟は、していたのに。
むらっちん!がokapiさんと暮らし始めてからは離れていたチャコ。
双子が一緒に生活するようになってからは、実家に居たのにあまり構ってあげられなかった。

離れてたから、そうでも無いかと思ってたのに。
喪失感が酷いです。


入院して約2週間。

入院してなかなか快方に向かわず、今回ダメかも…って思ったら、少し良くなって。
でも
食べられないまま、息を引き取ったそうです。


2006年11月下旬、3歳くらいの、まだ若い時にかなり急性で重度の尿毒症を起こして入院。
その時こそ、獣医さんはダメかもと言った。
けど、それから11年も、
それ以前よりムキムキの筋肉をつけて元気に生きたチャコ。


気になってたから、生きてるうちにひと目会いたくて、日曜日に出発出来ないかと考えていたけど。
入院してすぐに行こうと話した時、okapiさんに本当にダメになったら会いに行けばと言われて、言い出せなかった。

押し切れば、会えただろうか。
お迎えに行って、双子の世話に犬の点滴と、介護。
出来ただろうか。


最近、
人の終末医療について考える機会がちょこちょこあったので、
犬が入院と聞いた時にも、すぐに考えてた。

うちのチャコは、その10年前の入院した時、死んでもおかしくない数値を腎臓をはじめとするいくつかの臓器で出していた。
腎臓などは数値を振り切ってたと聞いてる。

あの時はとても若かった。
でも、今回、点滴と流動食なんてなったら、やめてもらって自宅で看取ってあげようと妹と話してたけど。

してあげられなかった。


昨晩、帰りたそうに、寂しそうに鳴いていた。
まだ鳴く元気があったのかーって獣医さんは思ったらしい。
けど、寿命だったようです、何とも言えない。と。



その獣医さんとは、小学校2年の時に初めて犬を飼って以来の付き合い。
同級生のお父さんです。
お互いよく知ってるからこそ、付き添ってあげられなくてまるまるお願いしちゃいました。



寒い中、夕方父が帰宅するのを待たせるより、
獣医のおじちゃんとおばちゃんに診てもらって、暖かな所で最後を迎えたチャコ。
愛犬に対する考え方は色々だけど、
チャコの場合は、これが最善だったと、感じます。
本当はしてあげたかった事、沢山あるけどね。

いくら手を打っても脱走癖のあったコ。
年老いた身体から解放されて、ポーンとお空に飛んでくイメージをするのが簡単な位、自由なヤツでした。

他の犬では味わえない、ふわふわの赤毛と真っ白な胸毛だったチャコ。
白い靴下履いてるみたいな脚だったチャコ。
むらっちん!、チャコとの時間は宝物です。
好きなだけ好きだった場所を散歩して、虹の橋を渡って行くんだよー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豆乳ヨーグルト完成!

2017年02月17日 20時00分13秒 | 乳酸菌発酵液ネタ
先週久しぶりに牡蠣を買いに行ったむらっちん!です。
買ってきた翌日、うっかり当たったりしてましたけども何とか。
運良くむらっちん!は胃袋かき回されて1日半横になれば良かっただけで、子どもにうつるのも防げました。ふー。ε-(´∀`; )
okapiさんは、普通に症状出てましたけど、やはり1日半くらい。脱水を起こすこともなく、ラッキーでした。


で、なかなか生活リズムが狂うと更新のタイミングが掴めないまま2月も半ば。


何度か試作を繰り返し、
口に含むとシュワシュワ感のある美味しい豆乳ヨーグルトがやっと完成しました。(´∀`)


種菌を鍛えようと、まずは100cc位ずつ継ぎ足して育てました。

継ぎ足して作るに当たっては、
作りたい量の10%の種菌。2%の甜菜糖を混ぜて常温で固まるまで放置。


そして、まとめて仕込んだのがこちら。



かき混ぜた泡をすくい取って1日半。


滑らかに仕上がりました。(°▽°)



今夜は冷蔵庫で休んでもらって、早速明日からいただきます。ヽ(´▽`)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何とか食べられそう。

2017年01月31日 07時11分41秒 | 乳酸菌発酵液ネタ
ヨーグルトを仕込んだむらっちん!です。
結果からいうと、無事食べられる豆乳ヨーグルト出来ました!
食後の影響は、まだわかりません…。
食べながらポチポチ書いてるから…。

では、その記録メモをどうぞー。


まずはテスト。


1/23にとぎ汁の醗酵スタート。
前に作ってた時は上手く、一晩とかでかなりの酸性になってたとぎ汁。


試験紙ではなく、10円玉で簡易判定します。

日向ぼっこさせたりしてたのと、こまめにガス抜きしてたのでちょっと産膜酵母っぽいにおいが混ざってる。Σ(-᷅_-᷄๑)
味もちょっと違う。しょっぱくて甘い。
これは10円玉入れる前からわかりましたよ。
まだまだ醗酵足りませんね。


わかりずらいですが、
5分浸けたけど何も変わりませんでした。

やっぱりね。



金曜日、まだまだ。


日曜日、まあまあかな…。
色が変わったのでもうひと息!


むらっちん!の経験的にはもう出来ても良いのに!
やっぱり2番とぎ汁でやっちゃったからなー。
醗酵が足らない、遅い、と言うことで、
5gほどてんさい糖を追加。
とぎ汁で作った豆乳ヨーグルトにてんさい糖かけると、一気に更に醗酵してシュワシュワするんだけど、どうかなー。


入れた途端シュワシュワ〜。


そして昨日、月曜日。

よし!
何とか及第点ですかね。

ちょっと、においに変なの混ざってますけど、10円玉の酸化皮膜ハッキリ細かい凹部分を除いて取れたし、判定した後の液を洗面所の汚れにかけたら軽く漂白効果もありました。

試しに

スーパーのデザートカップとってあったのを思い出して、

豆乳100cc
てんさい糖3g
とぎ汁乳酸菌液10cc

テキトーに入れてぐるぐる混ぜてラップします。



乳酸菌液の醗酵が弱いから、ゆっくり進めてもらおうと、寒い台所に放置。
昨日の10時頃材料合わせて
夕方17時頃見た時は少したるんたるんととろみがついていた感じ。
夜はずっしりしてきた感があって、今朝。
6時半には滑らかに固まってました。


タオル巻いた上からカイロとか当てて保温した時は過醗酵してすがはいりまくって見た目も悪かったけど、
予想に反して
何もかけずに食べたところ、とろりとクリーミーなスイーツ見たい。

むらっちん!は乳酸菌が爆発的に増えているシュワシュワを食べるのが好きなので、
てんさい糖を小さじ1/2程をパラパラ。

しかし、菌が元気ないのかシュワシュワは感じられず。
前はかけた瞬間、混ぜなくともシュワシュワしたのに、今回はしない。

無調整豆乳がとろりと固まって変なにおいはほぼ消えてることから、ちゃんと食べられるヨーグルトが出来たと思うんだけど。


この家の常在菌の影響なのかな。


繰り返し作るうちにもっと元気な液が作れるようになるものなので、出来るうちは仕込みます。


とりあえず今回のは、試しに作っただけなので、タネ菌にせず、朝ごはんに頂きまーす。٩( ᐛ )و
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

むらっちん!、再び仕込む。

2017年01月24日 22時50分46秒 | 乳酸菌発酵液ネタ
車を運転してて慌てたむらっちん!です。
山道を走っていたら、たわわに雄花を付けた杉の木をたくさん見かけましたよ!Σ(-᷅_-᷄๑)


昨日、今日と雪降って寒いから良いですけど、
…秒読みですね…。
ちょっと暖かくなったら、花粉、飛びますよね…。


遅いかもしれないけど、
久しぶりに
とぎ汁乳酸菌仕込みました!



あぁ…(´∀`*)
この細かい泡、癒されるわ…。
乳酸菌が増えてる印の細かい泡、可愛いわ…。


でも、
以前作った時のような勢いがない。
寒いのかな。
お米が元気なかったのかな…?


1番の要因は、
悪阻で醗酵してる匂いがダメでやめて以来の為にレシピ忘れてましてね。
うっかり2番とぎ汁使っただけでなく、
塩と一緒に砂糖入れちゃった!
多分これかと。

後から良く記事を読んだら塩を入れた後3日くらいしてから黒糖とあった。Σ(-᷅_-᷄๑)


すっかりうっかりしましたが、
とりあえず泡ちゃんと細かいの出てるからいいか…。



初めて作った時はちゃんと出来て、
双子が生まれて実家に居る時作って見たけど、失敗しました。
今回は、どうでしょう。
前に住んでた人達、誰か糠漬けとかしてたのかなー。

初めて作った時に最初から成功したのは、
にゃんばーが糠漬けをはじめとする菌類をいじってたからだと思うんです。
麹ともち米で甘酒作ったりね、塩麹も使ってましたし。
そのおかげかと。

むらっちん!の実家は、母方の祖母が糠漬けを洗ってからくれてただけなので、多分常在してる菌類は少なめ。


今住んでる家は、その辺わからない…
けど、元の持ち主である大家さんが畑やってるくらいだから、糠漬けとかやってそう…。
来月の家賃を払いに行った時にでもついでに聞いてみようかな、と。


今回仕込んだボトルは、
現時点で乳酸菌の醗酵はしてるみたいなので、仮に失敗したとしても、プランターのイチゴにでも撒いて肥料にしようかと。


うまく出来たら、また豆乳ヨーグルト作ります。

たーのしみー٩( ᐛ )و
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

双子のご飯、ステップアップする。

2017年01月18日 15時54分33秒 | 双子1歳
うっかりしていたむらっちん!です。
結構前からすっかり元気になってました。
しかし、双子と一緒に寝て起きて、だったので、なかなか更新できないままでした。


さて、


ご飯がマンネリ化してるよなーと年明けてから思ってたむらっちん!。

1/11にNICUフォローに行った際、
「もうそろそろ取分けしてもいいよー」って医師に言われて
え?( ゚д゚)
ってなりました。


だいぶ前から大人のご飯作るついでに取分けてましたが…
診断必要だったの!?∑(゚Д゚)

取分けたほうが楽でしょー?って先生笑ってらしたので、
はい〜と返しておきましたが。


修正月齢で離乳食進めてましたが、
そうですよね、修正1歳ですね。

改めてそう思って、
その日、帰宅後からは手づかみ出来るメニューを意識しました。


更に。
okapiさんの妹御の所に、昨年2月生まれの従姉妹がいるわけですが、
つまり双子の修正月齢とひと月あとを追う感じの子ですね。
年明けに会った時、その子が結構大きなりんごのスライス齧ってたんですよ。
うちの双子よりしっかり噛んで色々食べてたわけです。


これは!
うち、甘やかし過ぎたかもしれん…と思いました。
スティックに切った果物しかあげてなかったし、大きくすると詰まらせたりしてましたから。


それから、
少しずつかけらを大きくして、上手に食べられるようになりました。

離乳食から幼児食へのステップアップの途中という事で、お皿もバージョンアップ☆
今までの食器もつかうけど、お子様ランチ的なプレートを見つけたので投入しました。




断然作るのが楽しい!!


作り過ぎてしまうのが今度は悩み。
ちょっと多いかも。と思いつつ、きれいに食べてくれるのでめっちゃ嬉しいのです。



今まで雑誌の付録で付いてた離乳食の冊子を参考にしてましたが、
1歳以降ってザックリだなーと思ってたんですよ。
5ヶ月、7ヶ月、9ヶ月〜ってベビーフードとか分かれてるのに、1歳以降ってご飯のレトルト少ないし、おかずの種類も少ないなーって。


当たり前じゃん。
大人が食べるものを薄味にすれば食べられちゃうんだもんね。ε-(´∀`; )
双子が食べられるもの、って事ばかりにとらわれててピンと来てませんでした。
初詣行った帰りに寄ったお店で、焼き鯖なら分けてあげられるねーって話するまで気づいてませんでした。


まだ手づかみ。
これからスプーンが持てるようになって、
お箸が使えるようになって。
それに伴っておかずの形も変わるんですよね。

やっぱり、
参考レシピ見ててもピンと来ないんですがね。

20年後にもきっと、
あ、お酒飲めるようになったんだっけ。なんてやりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加