むらっちん!

おぉ!
光陰矢のごとし。
季節が過ぎていくのは早いなぁ。
田舎の大ネズミが主婦業と受験勉強する日記。

むらっちん!また南下する。

2017年03月18日 12時11分52秒 | 双子1歳
沖縄から帰って荷物を片付けたと思ったら
日記を書く前にまた荷造りしてます。

そして、予定より1時間半遅れて出発しました。


えー?
むらっちん!また沖縄行くのー?
って思ったでしょ!?
沖縄も行きたいですけどねー。


パン屋の店長
ハッズレー☆



半年ぶりに会いに行くよー(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
覚悟しててね〜。
今回友達何人会えるかなー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

双子、市場へ行く。沖縄2日目

2017年03月14日 16時12分56秒 | 双子1歳
宮城寒くて風邪ひきました。
双子もお鼻ズルズルで、むらっちん!、ようやく携帯いじる気力が戻って来ました。


さて、
沖縄2日目。
この日はぐずついた天気で、まずは食材を買いに糸満はお魚センターとファーマーズマーケットうまんちゅ市場へ。



まずはお野菜の方。

うっかり車に携帯置き忘れてファーマーズマーケットの方は何も画像無いんです。(ノ_<)


道の駅の産直コーナーでもむらっちん!が行ったことある中で一番大きいんじゃないかってくらい葉物がとにかく物凄い数と量ありました。
根菜も本州ではみられない種類が沢山で、今回どれを食べようか計算するのが大変でした!!

特にお芋は島外に持ち出しが禁止されている様なので、食べきれる様にしたいですし。

でも紅芋に安納芋に赤いジャガイモ。とてもじゃ無いけど、絞れない!!
お芋1つとっても複数の種類があって、キリがない!!( ´ ▽ ` )楽しすぎる!!


人参も、赤いの紅いの黄色いの、紫の。
双子はどれが美味しそうに見えるんだろう?と思ったりね。


ハーブも初めて見るものが沢山ありましたよ!

特に気になったのは
モリンガ。
名前からして強烈な薬効がありそうです。強そう。

説明書きをさらっと見ると、万能薬っぽい感じ。
ハーブみんな結構広範な守備範囲ですけど。
沖縄のハーブといえば月桃というイメージがあるのですが、子供達がハーブを楽しめる様になったら一緒に飲んでみようと思います。

というわけで、
今回はスペアミントとレモングラスだけにしました。


ファーマーズマーケットの方はお肉やとうふもあって、またこれが安くてビックリしました!!

いつも買い物してるスーパーよりも安いものは、豚コマなんか100gあたり40円くらい違います。
うっかりドカーンと買いたくなるのですが、
明日移動しますからね。
冷蔵しなきゃいけないものはこの日の分しか買えません。

お豆腐は、何軒かお豆腐屋さんが温かいままの物を納品してました。
何度見ても不思議に感じるのですが、
どんと大きな塊で、温かいままの豆腐が袋に入って大きなバットに並んでる。
そして、その袋の口は開いたままで、水を切るためにバケツが置いてある…。

パックされて冷蔵されてるのが当たり前のスーパーしか知らないから、とても美味しそうに見えるのです。
実際しっかり味があって、何もつけずに食べても美味しいんだけどね。

予定外に長居してから、お魚センターへ。


色とりどりのお魚ーっ!!
を期待して行ったのですが、雨季の沖縄の平日、思ったよりも人が少なく、お魚も…。
とはいえ、キラキラのお刺身や丸ごとの魚はいくつもありました。

セルフサービスで、牡蠣の殻に盛られたお刺身を選んで食べられるお店もありました。
双子をそれぞれ抱っこしての買い物なので、どうやって食べようかなーと思いながら、エビを1つ。

1人がベンチに下ろした子供をもう1人を抱っこしたまま見てて、ぱくり。

甘くて美味しかったー。( ´ ▽ ` )


エビを食べるむらっちん!達を見て、双子のお腹すいたコールが始まりそうだったので買い物はここまで。
宿に戻ってお昼ご飯です。




早速買ってきた食材を使って…

ミントティーを飲みながら

トンボマグロのステーキプレートを作りました。

子供達も

茹でたてのとうもろこしと島にんじん、大根。
大人のステーキを少しほぐしたご飯です。


しかし
今回の宿、素泊まりで自炊出来るのはいいのですが、鍋とフライパンが1つずつしかないし、菜箸は使いにくいボールチェーンがついたステンレス箸。
食器もカレー皿とお椀しか無いのでやりにくいこと!
紙皿を買い足してきたものの…。

抱っこ紐のみでの移動が続いた上、ずっと運転してて、慣れない台所での調理に疲れてしまいました。

片付けたら疲れてグズグズしてたら時間が経ってしまって…
斎場御嶽に行く時間が無くなってしまいました。(T . T)

宿の目の前が海という事で、双子のお昼寝前のお散歩がてら行ったのですが…。


沖縄戦跡の国定公園だったみたい…。看板がありました。



ネットで検索すると、この浜は魚も浅い所で間近にみられたり、タイドプールが沢山出来るらしいですね。
残念ながら見ての通り、めっちゃ潮引いてるし、泳ぐ気温でも無ければ水温ももちろん低くて。

双子もまだ泳がせた事ないですしね、海を見せられたので充分です。
いつか水に顔つけられるようになったらまた来ようね。



2人がうとうとし始めたので、部屋に戻り、4人でゴロンと夕方までゆっくり過ごしました。



夕飯は、海ぶどうサラダと豆腐チャンプルー。

島豆腐はシッカリしてて、手でちぎってぼんぼん放り込んで卵でまとめました。
味付けは、ソーキそばの素をパラパラ。

マーケットで買った豚ちゃんはとても柔らかくて美味しかったー。( ^∀^)



美味しい夕飯の影には、
…実はトラップがあってですね。
むらっちん!、買って来た野菜を安全に置いておくところが限られてたので、一部冷蔵庫の野菜室に入れることにしたのですよ。
写真撮っとくの忘れちゃったんですけどね。

1番上が冷蔵庫。
大概、2段目って野菜室で、下が冷凍庫ってパターンが多いとおもうのですよ。
また、2段目冷凍庫で、3段目が野菜室ってのもありますよね。
うちは、今の家が前者で、にゃんばーと住んでた家の冷蔵庫が後者のパターンです。

で、この宿のは
2段目開けたら製氷皿が2つ入ってました。
て事は、2段目冷凍庫…?あまり冷えてないけど。



まぁ、素泊まりのお部屋ですし、冷凍なんて使わないだろって弱い設定なのかなー?位しか思わず。

1番下はしっかり冷えてるなーとボンヤリ、疲れてて深く考えず野菜しまっちゃったんですよ。
お昼ご飯食べてぐったりしながら、野菜には冷たすぎないかなーって思ったのに。


夕方トマトがシャーベットになってましたよ。
疲れてる時の思い込みって特に怖いですねー。


夕飯の頃にはせっかくのハーブが凍ってしまい、ディルとイタリアンパセリをダメにしてしまいました…。
双子もokapiさんも寝静まった夜中、シャーベットになったトマトはうまく炊き込みご飯に仕込みましたがね。


普段は程よく熟れたものを美味しいうちに食べちゃうから知らなかったけど、
冷凍トマトを解凍するとあんなにグズグズになるとは。初めて知りました。


他にもトラップについて書きたかったけど、既に長くなってるので別記事に。

3日目に続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

双子、空を飛ぶ。沖縄1日目。

2017年03月06日 23時32分43秒 | 双子1歳
無事、行って帰って来たむらっちん!です。
…はぁーε-(´∀`; )

色々ありました…トラップに小競り合いに、ケガ。
いい思い出もたくさんです。


さて、今回の旅日記、行って見ます。


1日目。
心配だった寝坊をする事もなく、無事に出発。
しかし、
okapiさんが調べてくれていた安い駐車場が無くなってて、
次の候補だった空港近くの駐車場はゴールデンウィークまで月極のみ、と。

えーΣ(-᷅_-᷄๑)って運転席でふと見た先に、
1日目400円の看板。
空港まで無料送迎付き。


ありがたいことにすんなり車を停めて、双子を抱えて空港へ。




時間に余裕をもって手続きを終え、搭乗。
2歳以下のお子ちゃまの優先搭乗では、席に着くなりCAさんが声をかけに来てくれました。

この子ら飛行機初めて乗るんですー。
双子ですよ、どちらも男の子ですー。
って少し話してたら、
チケット予約時には通路を挟んで別れて席を取ってたんですけど、
1番前の真ん中が空いてますよ、と3人の列に変更させてくれました。


むらっちん!、初めて知りましたけど、2つ席が並んでる所、酸素マスクが3つしか無いんですってね。
okapiさん、むらっちん!、双子で座るとマスクが足らないから並んで取れなかったのです。

有り難く席を変えてもらって、初のフライト。


双子が何が起きてるかわからないまま、離陸。
どんどん高度を上げて行く飛行機。
むらっちん!の耳がキーンてなったらジュース飲ませようと思ってたら、1号が予想より早く耳をいじりだした!!

あっ!耳抜き!!
即、おやつを出してジュースを飲ませてモグモグごっくん。
うまく調整出来たようです。


大げさかもしれないけど、ダイビングで身につけた耳抜きのコツが活きたなぁと思った瞬間。

普段あまりあげてないお菓子を好きなだけボリボリ食べられて満足したのか、2人とも途中お昼寝してくれて、行きは難なく着陸。

初めての沖縄に到着です。





レンタカー屋さんが迎えに来てくれてて、車を借りるところまでは予定通り。
順調だったのですがー。


レンタカーで出発してすぐ。
斜め右に進むところを、右折してしまい。
対向車線渋滞してるねー。
道間違ってるよ、戻ろうか。
Uターンしても元の道に出るのに時間かかりそうだねー。
いいや、地図だとこのまま行ったら戻ってこられるからこのまま進もう。


もー
これが間違い。大間違い。

この日、たまたま工事でダンプが多かったそうで。
瀬長島のホテルの前までぐるっと回ったものの、20分待って車3台分しか進まない。
前にいるタクシーからは、お客さんが歩いて行くわと降りて行った。

何が起きてるかわからないので、運転手さんに聞いて見ましたら、工事のせいとのこと。
このままいても1時間はかかるから、ただ待つよりも、お店が並んでるテラスがあるから、ホテルの駐車場に停めて、子供の気晴らしさせてあげたら?と勧めてくれました。


実際、その通りに少し歩いて戻って来たら、大分解消されてました。
が、
むらっちん!はテラスを歩く時に、カバンの中で自作のストラップのワイヤーが真っ二つに切れていて、ビックリでしたよ!
身代わりですか!?って。
自作のストラップ、旅先で、しかもまだ初日に壊れるのは少し動揺しました。


さて、
大幅に遅刻して、宿の人に会い、チェックイン。


初日から2泊、糸満の素泊まりのコンドミニアムです。


とりあえず、すぐ使うものだけ出して、
大慌てで夕飯の支度。
子供たちはたくさんおやつを食べてるのであまり心配は要らないかな、と。
でも眠そうです。


途中のスーパーで買った島そば。
ソーキそばのつゆで軽く煮て汁を切ってあります。
お肉の代わりに、トンボマグロをステーキにしてのせてあります。


大人も簡単に、三枚肉をのせただけの島そば。

と、

とってもキレイなトンボマグロ。
びんちょうまぐろをっぽいなーと思って検索して見たら、
その通りでした。
でもこのツヤ!
プルップルでとても美味しい!あまい!!


遅い夕飯でしたけど、
野菜少ないんですけど、
双子も沖縄の1食目、楽しんでくれたみたいです。

普段しっかり野菜食べてくれてるからね、1食くらい偏っても、旅行ですし、ゆるくいきますよ。


2日目に続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

むらっちん!、南下する。

2017年02月26日 00時48分05秒 | 双子1歳
一昨日辺りに、
いきなり出かける事になりました。
双子を連れて、荷造りに追われているむらっちん!です。(げっそり)
そしてミョーなハイテンション。(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎


南下と聞いて、
えーまた嵐が来るのー
って思ったパン屋の店長さん!はずれ〜☆


今回は
南下といっても、
むらっちん!の帰省ではなく、
ナワオキ。


okapiさんの鶴の一声で決まりました。
石垣に後輩がいるので、会いたいけれども〜。
今回は子連れという事で本島のみ。

双子は初のデカい水族館が美ら海水族館になる予定です。
初めての子連れ旅行が、飛行機に乗って沖縄…。
月曜日に飛んで土曜日帰るという
なんか高く感じるハードル…。



衣類などは先に宿へ郵送し、
向こうへ着いてからはベビーカーは持たずに抱っこ紐とママバッグのみでレンタカーの旅。











双子がまだお腹にいて、入院してた頃に子連れ飛行機の旅についての記事を読んどいて良かったと思いました。

機内で気を引けるように、いつものおもちゃと絵本とおやつ。

それに初めて見るおもちゃを探しに出かけたら、ベビザラスで見つけましたよ。
無くしても痛くないように、ガラピコぷーのガチャやってみました。
よりによってムームーやチョロミーでなく、ガラピコとスキッパーさん…。
ガラピコ2つ出なくて良かったとは思えど、ビミョー…。

うちの双子、ガラピコはわかるだろうけど、スキッパーさんわかるかな…。


なんとか郵送する荷物は作ったけど、
自分の身支度と、直前に詰めるものの整理がまだまだ。

チャコがお亡くなりになった事でメソメソする間も無く、
育児日記も書く暇もなく、
この何日かは双子の歩く練習に付き合って筋肉痛になった終わってますけど。

明日中に揃えてチェックして、何とか支度して行ってきます!!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

チャコ、虹の橋を渡る。

2017年02月20日 23時26分57秒 | 修行日記
ここ数日、クシャミと鼻水が止まらないむらっちん!です。
宮城で花粉飛んでますか?Σ(-᷅_-᷄๑)
鼻かむのが忙しくて、花粉情報検索する気力が出ませんね。


むらっちん!の母の誕生日。
おめでとうメールでもしようとケータイ見たら、
実家で飼っていた犬の訃報。


覚悟は、していたのに。
むらっちん!がokapiさんと暮らし始めてからは離れていたチャコ。
双子が一緒に生活するようになってからは、実家に居たのにあまり構ってあげられなかった。

離れてたから、そうでも無いかと思ってたのに。
喪失感が酷いです。


入院して約2週間。

入院してなかなか快方に向かわず、今回ダメかも…って思ったら、少し良くなって。
でも
食べられないまま、息を引き取ったそうです。


2006年11月下旬、3歳くらいの、まだ若い時にかなり急性で重度の尿毒症を起こして入院。
その時こそ、獣医さんはダメかもと言った。
けど、それから11年も、
それ以前よりムキムキの筋肉をつけて元気に生きたチャコ。


気になってたから、生きてるうちにひと目会いたくて、日曜日に出発出来ないかと考えていたけど。
入院してすぐに行こうと話した時、okapiさんに本当にダメになったら会いに行けばと言われて、言い出せなかった。

押し切れば、会えただろうか。
お迎えに行って、双子の世話に犬の点滴と、介護。
出来ただろうか。


最近、
人の終末医療について考える機会がちょこちょこあったので、
犬が入院と聞いた時にも、すぐに考えてた。

うちのチャコは、その10年前の入院した時、死んでもおかしくない数値を腎臓をはじめとするいくつかの臓器で出していた。
腎臓などは数値を振り切ってたと聞いてる。

あの時はとても若かった。
でも、今回、点滴と流動食なんてなったら、やめてもらって自宅で看取ってあげようと妹と話してたけど。

してあげられなかった。


昨晩、帰りたそうに、寂しそうに鳴いていた。
まだ鳴く元気があったのかーって獣医さんは思ったらしい。
けど、寿命だったようです、何とも言えない。と。



その獣医さんとは、小学校2年の時に初めて犬を飼って以来の付き合い。
同級生のお父さんです。
お互いよく知ってるからこそ、付き添ってあげられなくてまるまるお願いしちゃいました。



寒い中、夕方父が帰宅するのを待たせるより、
獣医のおじちゃんとおばちゃんに診てもらって、暖かな所で最後を迎えたチャコ。
愛犬に対する考え方は色々だけど、
チャコの場合は、これが最善だったと、感じます。
本当はしてあげたかった事、沢山あるけどね。

いくら手を打っても脱走癖のあったコ。
年老いた身体から解放されて、ポーンとお空に飛んでくイメージをするのが簡単な位、自由なヤツでした。

他の犬では味わえない、ふわふわの赤毛と真っ白な胸毛だったチャコ。
白い靴下履いてるみたいな脚だったチャコ。
むらっちん!、チャコとの時間は宝物です。
好きなだけ好きだった場所を散歩して、虹の橋を渡って行くんだよー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加