ノメシコキの日々

わらしべです。新潟県出身の方はノメシコキはご存知ですね!女房の実家では、ばあちゃんが「俺はノメシコキだ」と言ってました。

お世話になりました~

2017-04-25 14:07:23 | いろいろ
先日の旅行先はハワイでした。日本の免許でも運転はできる様ですが、僕は運転
へたっぴぃだし右側通行も恐いので移動手段からは除外。
貧乏旅行なのでタクシーも使わず市営バス(The Bus)とトロリーバス(ワイキキ・
トロリー)を使って移動していました。

The Busの運賃は$2.50ですがシステムはちょっと変わっていて、料金を払う時に
トランスファーチケットという乗り換え切符をくれます。
最初の乗車から 2時間以内に再乗車すれば 2回まで乗り換えができるそうです。
1回目は下の白い部分をちぎって渡し、2回目は残りを全部渡します。(時間制限の
関係で僕は 1回だけしか使いませんでしたが。)
運賃を払う時に有効時間までちぎったチケットをくれるのですが 2時間というのは
結構適当な感じで、大抵は 2時間半以上は使えそうなチケットです。
同じ路線を戻るのはダメらしいのですが、どうチェックするのかは不明でした。

短い距離だと割高ですが、僕が乗った最長はワイキキからハレイワというコースで
オアフ島を縦断しても$2.50です。この時はドールプランテーションという施設で
途中下車し、のんびりとパイナップルアイスを食べてから再乗車して行きました。
それでも合計で$2.50~!

欠点も有って、概ね正確なのですがやや時間が適当。困るのは遅れるだけでなく早く
行ってしまう事もありました。30~60分に 1本などという路線乗車時は要注意です。
あとは大抵は冷房が効き過ぎていて寒い事。長距離移動時は長袖携帯が必須です。

The Busを使う時に便利なのは「Da Bus」というアプリです。
The BusはGPSを積んでいるので、リアルタイプで停留所への見込み到着時間を検索
する事ができるのです。(Wi-Fi等の通信環境が必要ですが。)
また停留所の変更が頻繁にある様で、その確認にも大変重宝しました。

またワイキキビーチ付近とアラモアナショッピングセンターを結んでいるワイキキ
トロリーのピンクライン路線も便利です。新しい車両であれば車内にWi-Fiも飛んで
ます。運賃は$2.00ですが JCBカードを持っていればなんと無料です。

以上、ハワイ貧乏旅行情報でした。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男飯 | トップ | 連休はこれ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。