商品先物・金相場情報の「波動展望の部屋」テキスト版 編集長ブログ

商品先物マーケット情報 金相場見通し 原油相場見通し ゴム相場見通し 需給統計 経済統計 ドル円見通し ゴールド見通し

米利上げ「今年3回」維持=インフレ2%、18年変えず―FOMC参加者見通し  

2017年06月15日 | 金価格見通し 金価格情報 貴金属価格情報


米利上げ「今年3回」維持=インフレ2%、18年変えず―FOMC参加者見通し  

米連邦準備制度理事会(FRB)が14日公表した連邦公開市場委 員会(FOMC)参加者16人の経済・金利見通しによると、2017年の利上げ想定は 「計3回」と、前回3月時点と変わらなかった。

物価上昇率がFRBの2%目標に達する 時期も18年と予想を据え置いた。

金利水準の長期見通しである3.0%への達成時期は前回の19年から20年以降に後退させた。  

参加者15人が示した政策金利水準の長期見通しのレンジは2.50~3.50%(2 .50~3.75%)と、上限を引き下げた。  

17年の利上げ想定は1回が0人(2人)、2回が4人(1人)、3回が8人(9人) 、4回が4人(4人)、6回が0人(1人)。  

17末時点の政策金利水準(中央値)は1.375%(前回1.375%)、18年末 は2.125%(2.125%)と変わらず。19年末は2.9375%(2.875% )と上方修正した。  

17年10~12月期の実質GDP(国内総生産)の対前年同期比伸 び率は2.2%(前回2.1%)と上方修正。18年同期が2.1%(2.1%)、19 年同期が1.9%(1.9%)、長期予測が1.8%(1.8%)といずれも変更なし。  

失業率は17年10~12月期が4.3%(前回4.5%)、長期水準は4.6%(4 .7%)と引き下げた。

インフレ率は、個人消費支出(PCE)物価指数の対前年同期比伸び率がFRBの2% 目標に達する時期を18年(前回18年)、コアも18年(18年)といずれも予想を据 え置いた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上海ゴム見通し、東京ゴム見通し | トップ | タイ現物ゴムUSS3号 ハ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL