真相世界(The truth world)

政治・社会問題を中心に最新のニュースを解りやすく解説し、ユダ金とその配下の韓国・北朝鮮のなりすましによる犯罪を暴きます。

中国旅行ご用心!人毛醤油 下水溝油 相変わらずの中国食糧事情 

2010年12月21日 10時52分56秒 | 本文

「人毛醤油」「下水溝油」「殺鼠剤」懐かしい言葉だが、昔話ではない。中国の食糧事情は相変わらずのようだ。

以下は本ブログの過去記事。

中国産毛髪醤油 鉛が隠し味でシビれます

中国製即席ラーメン学生2人中毒死は「下水溝油」が原因と判明

中国即席麺小学生毒殺事件 原因は猛毒殺鼠剤だった!

そして、これが最新ニュースである。

【中国】「コストを抑えるため、髪の毛から醤油を製造」「汚い水入れて醤油作る」…暴露で波紋

≪山東省青島市で調味料製造業を営む男性がこのほど、「小規模の工場ではコストを抑えるため髪の毛から醤油を製造している」ことを暴露、波紋が広がっている。中国新聞社が報じた。≫

人毛醤油は中国でも有名と思っていたのだが、今頃騒ぎ出すとはそれほど知られていなかったようだ。
工程上「汚い水」をあえて入れる必要はないように思われるのだが、中国流のこだわりだろうか?

≪アミノ酸を生産する場所には髪の毛や動物の毛がたくさん保管されており、恐ろしくて気持ちが悪かった」と述べた。≫

私はてっきり若い女性の人毛を想像しており、それなりに「珍味」かと勘違いしていたが、犬・豚の毛ではさすがに食する勇気はない。「人毛醤油自体が詐称詐欺だった」というオチでした。

≪また、別の労働者は「小さな工場では氷酢酸に、水を加えて、酢を作っている。まともな工場では食用氷酢酸を使っているが、悪徳業者の工場では工業用氷酢酸を使用している」と暴露。工業用氷酢酸は不純物や発がん性物質を大量に含んでいるため、中国は食用としての使用を禁止している。≫

合成酢のことである。日本でもいまだに業務用として使われている。通販の「黒酢系健康食品」なども怪しげな所は気をつけた方がいいだろう。中国産や韓国産を国内産に偽装する悪質な手口もある。
大正時代から高度成長期にかけて合成酢が主流だったことが中高年に癌が多い原因の一つとされている。「お酢」は健康にむちゃくちゃ悪かったのだ。
中国に進出した生命保険会社は大変な目に遭いそうだ。

人毛醤油

中国産食品の安全性



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水嶋ヒロ小説大賞受賞はやは... | トップ | 超悪質「無料携帯ゲーム」を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。