真相世界(The truth world)

政治・社会問題を中心に最新のニュースを解りやすく解説し、ユダ金とその配下の韓国・北朝鮮のなりすましによる犯罪を暴きます。

稲田朋美防衛大臣退任記念の福岡県朝倉市豪雨災害視察旅行で周囲の被害拡大

2017年07月16日 17時02分58秒 | 極右閣下の独り言


誰のための被災地視察か 稲田朋美防衛相の“頑張ってますアピール”ではなかったか 
http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1500074720/

≪「暑い中で頑張っている隊員を、ぜひ激励したいという思いで視察した」

稲田朋美防衛相は14日、豪雨災害の被災地である福岡県朝倉市を視察した後、記者団にそう語った。
しかし、誰のための視察だったのだろうか。
本当に現場の自衛官や被災者のためか。稲田氏の“頑張ってますアピール”のためと疑うのはうがった見方だろうか。

■案内する現場に負担

自衛隊は大分県からは撤収したとはいえ、福岡県では4千人態勢で行方不明者の捜索や救援活動を続けている。
稲田氏自身が述べた通り、隊員はなお「身体、生命、危険を顧みず全力で救援活動に取り組んでいる」最中だ。

そんな折にトップが多数の高官を引き連れて現地入りすれば、案内する現場の負担は大きいし、救援の人手を引きはがすことにもなる。
防衛省幹部は「現場は災害救助で手いっぱいで、視察先もギリギリまで決まらなかった」と明かす。
不明者の捜索現場では、視察に訪れた稲田氏を出迎え、整列した隊長らは作業の手を止めざるを得なかった。

首相や防災担当相の被災地視察には意味がある。
被災者や自治体のニーズを把握することは復旧・復興に不可欠だし、復興予算を国が支援する「激甚災害」指定の判断に必要な政治的プロセスでもある。
一方、防衛相の部隊激励は、いわば防衛省の組織内の論理であり、被災者には関係ない。

■激励は隊員の心に響いたか

稲田氏は東京都議選の応援演説での不適切な発言をはじめ、さまざまな言動で防衛相としての資質が問題視されてきた。
過去に潜水艦を視察した際は、ハイヒール姿で潜水艦に乗り込み「かえって士気が低下した」(海上自衛隊関係者)と厳しい声があがった。
今回の九州北部豪雨災害の発生後も自身を含む政務三役が約40分間、役所を留守にしたことで批判を浴びた。

そうした批判を意識し、隊員をねぎらい、被災者に寄り添う姿勢を示そうと視察を決めたのかもしれない。
隊員一人一人と握手し言葉を交わす姿には真摯さもうかがえたが、来月3日に予定されている内閣改造で退任が確実視される防衛相の激励がどれほど隊員の心に響いただろうか。≫


(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
安倍の視察には文句言わないんだね産経はw
………………………………

<丶`∀´>  みんな稲田が悪いニダ。

(_ _。) 情弱の意見>>
………………………………
産経は「北朝鮮のミサイルが飛んできて来ているのに、野党は国会で森友や加計ばかりやっている」と指摘した。
平和ボケだと。
それは稲田に防衛大臣をやらせている安倍も同じだな。
真面目に国防を考えたら、稲田防衛大臣という発想は出てこない。
………………………………

 <丶`∀´> 進駐軍の孫請けをするだけの簡単な省庁ニダ。

稲田、金田氏交代へ=二階幹事長は留任-来月3日に内閣改造


\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
稲田朋美と日本会議、『生命の実相』(禁書版)
http://togetter.com/li/879465

「生長の家」の聖典、「生命の実相」を振りかざしながら獅子吼の講演をする稲田朋美せんせーの勇姿

http://i.imgur.com/dkXjPAR.jpg
http://i.imgur.com/elmHjaA.jpg
http://i.imgur.com/AcwBtLF.jpg
http://i.imgur.com/CVDXRp6.jpg


稲田朋美がいかに悪質かって、稲田朋美と稲田龍二の弁護士事務所の名前が「光明会」って点なんだけどね。

大学に入ったとき「光明思想研究会」というサークルがあってだな、正門の前で新入生に機関誌を「入学祝」と
言いながら配布し、読むと「天皇陛下ありがとうございます」「日本人に生まれて幸せです」「共産主義を倒そう」
などの文字が躍っていたよ。

光明思想社
http://komyoushisousha.co.jp

生長の家原理主義団体「公益財団法人 生長の家社会事業団」の機関紙・雑誌・書籍発行会社
………………………………

 <丶`∀´>  キョッポニダ。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
さて、加計を文部大臣にして、昭恵を防衛大臣にと。
このサプライズで、安倍総理万歳の声が聞こえるな。
………………………………

 <丶`∀´>  ついでにパンティ泥棒も法務大臣にするニダ。ハゲ!婆も復党させて厚生大臣にするニダ。






記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります















コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日本発の生物テロ!ヒアリよりも凶悪な世界に大被害のエイリアン生命体

2017年07月16日 16時46分27秒 | 事件簿

ヒアリより恐ろしいのは「ワカメ」 日本から世界へ広がる“悪玉生物”として「世界の侵略的外来種ワースト100」
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500185199/

≪7月13日、環境省は東京大井ふ頭のコンテナにおいて、ヒアリ100匹以上を発見したと発表。
卵や幼虫も確認されたという。6月に兵庫で確認されて以来、生息エリアがどんどん拡大している。

ヒアリは国際自然保護連合(ICUN)によって、「世界の侵略的外来種ワースト100」に選ばれている。
これは、外来種のなかでも、特に生態系や社会への悪影響が大きい生物のリストである。

ヒアリは、南米から日本への外来生物ということになるのだが、同リストには、これとは逆に日本から世界中へ広がっている悪玉外来生物が掲載されている。
それはなんと、味噌汁に欠かせない「ワカメ」だ。

ICUNによれば、ワカメは日本、韓国、北朝鮮の近海が原産地で、アメリカ、フランス、イタリア、オーストラリア、ニュージーランド、黒海、地中海など世界中で繁殖が確認されている。
実害として、ワカメがカキ、ホタテ、ムール貝などの養殖魚介類の成長を阻害したり、漁業用の機械が詰まったりするなど、重大な影響を及ぼしているという。

ワカメが世界へ拡散したのは、タンカーのバラスト水が原因だと言われているバラスト水とは、タンカーなどの貨物船が積荷を降ろした後に、帰路で船を安定させるため重しとして入れる海水のこと。
海水の中に含まれたワカメの胞子が、日本から世界へ広がってしまったのだ。
それにしても、ワカメはそんなにも繁殖力が強いのか。

「春先から6月にかけて、波のない場所の防波堤などに繁殖しています」(「のとじま水族館」の藪根哲志さん)

海水温度が20度以下で、波がなければ、容易に自生するという。
ワカメの唯一の天敵はウニなのだが、ウニの方が繁殖力は弱い。

ワカメと一緒に海外へ運ばれたとしても、ウニはそこで繁殖する可能性は低い。
そうなると敵なしで繁殖してしまう。
外国ではワカメを食べないので、減ることもない。

「ワカメが侵略的外来生物に選ばれていることは我々も知りませんでした。
外から入ってくる生物には敏感でも、自分たちの側が出すことに関しては、考えが及ばないものですね」(同上)

実際のところ、ヒアリに刺される可能性は低く、重症化するケースは少ないとされる。
それに比べたら、ワカメ被害のほうがはるかに大きいと言えそうだ。
現在の日本のヒアリパニックは、南米の人々の目にどう映っているだろうか。≫

(‘ё`) 巷間の意見>>
………………………………
日本に格安で売れよ
ワカメはもっと安くていい
………………………………

(´・Д・`) 昆布も買うぞ。

(_ _。) 巷間の意見>>
………………………………
ワカメなんか食え、クズも食えるだろ。

ヒアリは食えん。何度も言わすな。

ワカメもクズもバイオ燃料になる。

ヒアリはすべてを溶かすだけ。
蛮族共はあれか、海藻消化酵素が無いんだっけか。淘汰されろ。
こっちがヒアリに溶かされる前に淘汰されろ。
………………………………

(´・Д・`) ヒアリの油炒めは何か髪の毛に効きそうだが…。

\(`o'") 巷間の意見>>
………………………………
ホンビノス貝は役立つから侵略的外来種じゃないの?
結局侵略的外来種の定義はなんなの?
………………………………

(´・Д・`) 良い外来生物。

(・ω・) 巷間の意見>>
………………………………
葛がアメリカで猛威を振るってるって聞いてびっくりしたな
所変わればだなあ
………………………………

(´・Д・`) 日本でも猛威を振るっているぞ。縦のは葛根が採れるが横に伸びる奴は全くのクズ。

(ι`・ω・´)ノ 巷間の意見>>
………………………………
ワカメはもともと、日本沿岸や朝鮮半島に分布していた海藻ですが、日本での養殖が盛んになると、フランスでもワカメ養殖が行われるようになり、南フランス沿岸でもワカメが自生するようになりました。
 また、南半球では1982年にオーストラリアのタスマニヤ島で、1987年にニュージーランド西海岸でワカメが確認されました。
さらに、1993年には南米アルゼンチンでも確認されています。こうした南半球でのワカメの出現は、日本漁船の船底などにワカメの配偶子が付着して運ばれたと考えられています。

とあるんだが
あっちの国の奴ら単純にワカメを食おうとしてなかったから
ただ「海藻」として分類してほってあっただけという
………………………………

(´・Д・`) フランス人の口に合わなかったんだな。

ヽ(τωヽ)ノ 巷間の意見>>
………………………………
日本で食べられているワカメは韓国や中国から輸入されたものもかなり多い。
しかも産地偽装のオンパレード。

海藻類ほど産地偽装が横行しているジャンルは他にはない。
………………………………

(´・Д・`) そう、安いワカメは中国産。タスマニア産は高級品で売れそうだな。






記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!!
 

人気ブログランキングへ

作品紹介
内容の詳細はここをクリック

画像をクリックすると出版サイトに飛びます

無料お試し版もあります



コメント
この記事をはてなブックマークに追加