みんなの僧

24で僧侶になり54で住職になるまで夢や悩みを聞き続けて30年。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京の新ランドマークはスカイ・ツリー。仏法のランドマークは東京にあるか?

2010-12-15 01:30:32 | 日記
みんなの僧は 政治・音楽・環境問題など 気になる事があり、求められてもいるので上京しています。

が、実のところ みんなの僧は思うところがあり、東京に参っておるのです。

東京のこころの悩みの事が気にかかるのです。特に23区内は深刻です。

人身事故で電車が止まらない日は無いでしょう?今日もJRが止まってました。
精神科や心療内科の数は他府県より多いですが、それでも自死される方は減りませんし、鬱の方々の比率は他地域を圧倒していると思われます。

格差問題や派遣差別、家族問題、仕事からくる過度のストレス、そして鬱、鬱が誘引する自死などなど今更言うこともないほど、それらは深くみんなのこころを蝕んでいます。

精神科や心療内科は大変重要ですが、果たして それだけで充分かと言うと 「何かが足りない」と思うのです。
みんなの僧はプロフィールにもある様に 色んな人々の夢や悩みを30年間、聞き続けて来ました。

夢に踏み出せない人は勇気が足りない。夢が重荷になってるのに夢を諦め切れずに苦しくなっている人は決断力がない。話しを聞くとその人の問題点が浮かび上がってくる。そして、その人から聞いたまま、ありのままを鏡のごとく話しを返してあげると 目から鱗が落ちたように、自分の現実と魅力に気づくんです。

夢だけじゃなく、悩みも同じ様に話しを聞いてもらう事によって、元々その人の中にある自助力自体が芽生えたり、蘇ったりするのを数多く見て来ました。人は癒やされたり治療されたりするよりも、こころのオリやオロ、つまり心に溜まったものを吐き出し、聞いてもらう事が、とても大事なんだと知りました。

「呼吸」と書いて吐いて吸うと言う意味。しっかり吐かないとしっかり吸えない様に、しっかり弱気や嫌気、悲しみや怒りを吐いた人は しっかりとやる気や元気、希望や喜びを吸い込んで行く。

呑み屋で吐き出すも良し、友達に聞いてもらうのも良し、いろいろ吐き出し方はあります。

ただ、それでは解決しない人はどうなるのか?中にはゆっくり鬱に向かう場合があります。

気づいた時には すっかり鬱になっていて、その後は心療内科や精神科にお世話になり、抗うつ剤無しには仕事も生活も出来なくなる人も少なくありません。

そして残念な事に、その中の何人かは鬱の症状が進行し自死を選んでしまう。
みんなの僧は思う。

悩みから鬱へ、鬱から自死へ移行する過程の中で
「何かが足りない」と思うのだ。

「何かが足りない」とは 我々僧侶が足りない と思うのである。

数の事ではなく、人の思いに足りてない、人の思いに応えてないんじゃないか?と感じてるし、また事実でもあるでしょう?

心療内科にかかる前の段階であったり、心療内科にかかる事自体を考え込んでいたりする人は、本当は信じれる僧侶や坊さんが居て、安心して話せる場所があれば 「話しを聞いてもらいたい」のじゃないのかな?と思うのです。

仏法とか仏教って みんなの僧は 現在の悩みに活きてないと意味がないと考えてる。

説教も説法も 読経とか声明とか 作法も法事も 全て、現実の悩みに活きてないと意味がないし、価値がないと思う。

みんなの僧に取って、法事も葬式も寺の行事は みんなの悩みや悲しみ、夢や希望に活きて、応えるものだと信じている。

去年、自死をした人の家族と向き合う葬式と法事があった。

二逮夜、三逮夜と回数を重ねるうち、家人はポツポツと苦しい胸のうちを語り、話し始めた。話しの中に慟哭があり、悲しみがあり、憤りがあり、無常があり、そして真理があった。

それからの逮夜は 家人の話しを聞き続ける法事となった。
一方通行の法事や説教は専門家に任せるとして、みんなの僧がやるべき事は やはり「夢や悩みを聞き続ける」ことだ。

一生懸命、読経するのも、風呂入りながら法話を作り上げるのも 法要に腐心するのも、すべては「夢や悩みを聞き続ける」為なんです。

今、東京に 話しを聞いてもらう場所は殆どない。話しを聞き続ける僧侶もいない。

みんなの僧が、みんなの夢や悩みの話しを聞き続ける場所があればいいなと思う。

それが「寺」と言う磁場なら言う事ないなぁ。

みんなの僧、実は「みんなの寺」を作りたいなと思ってます。悩みのルツボ、東京に。

「みんなの寺」はみんなの寺だから、みんなの夢を聞き、みんなの悩みを聞く。そんな磁場を作りたいのです。何年かかるか分からないけれど。

南無阿弥陀仏

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 速報!!ブラマヨ小杉、ベル... | トップ | おんどるはとんでいく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。