動物たちにぬくもりを!

動物愛護活動の活動経過や日々の出来事、世の中の動き等幅広く紹介します。

砂漠での動物との暮らし

2017-05-14 06:06:34 | 新聞記事・Webニュース・テレビ・書籍

猫、犬、ラクダ、ガゼル・・・砂漠での動物200匹と暮らし、写真集に
「Life in the Desert 砂漠に棲む」より

2017年4月27日(木) sippo(朝日新聞)





幻想的な美しさがある砂漠の“非日常”と、砂漠に暮らす人々と動物たちとの“日常”を切り取ったネイチャーライフ写真集「Life in the Desert 砂漠に棲む」(玄光社)が発売された。
著者は、アラブ首長国連邦(UAE)に暮らす静岡県沼津市出身の日本人女性、美奈子アルケトビさん。
留学先のアメリカで、UAE出身の夫と出会い、結婚。
UAEに移り住み、2004年に砂漠での生活を始めた。
現在は、夫と約200匹の動物たちと共に暮らしている。
「はなもも」名義のツイッターや、ブログ「はなももの別館」では、砂漠の動物たちとアラブならではの暮らしぶりをとらえた写真を公開しており、人気を集めている。



「約200匹の動物」の顔ぶれは実にカラフルだ。
少し離れたところに住む夫の両親と一緒に面倒をみているのが、ラクダ、ヤギ、ヒツジ、ウシ、ニワトリ。
そして、捨てられていたり、けがをしていたり、そのほかさまざまな事情により美奈子さんの家に連れてこられた、ガゼル、イヌ、ネコ、ハト、ウサギ、ウマもいる。
動物たちとの出会いについては、初出版の「砂漠のわが家」(幻冬舎)で紹介されているが、美奈子さんは本書の中で動物たちを「家族」と呼び、彼らの日常や健康を気遣いながら暮らしているという。
編集担当者に、写真集のみどころについて聞いた。
「写真集に収められている全てが、砂漠で暮らす著者にとってはごくあたりまえの日常だからこそ、朝日を受けて輝く砂粒の一瞬のきらめきや、動物たちが見せる貴重な瞬間も逃さず写し取られています」

ブログ「はなももの別館」  http://hanamomoac.exblog.jp/

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老漁師と愛犬、12年間毎日出航 | トップ | 温もりのメッセージ「アルバ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む