動物たちにぬくもりを!

動物愛護活動の活動経過や日々の出来事、世の中の動き等幅広く紹介します。

殺処分寸前、抱き合っておびえる犬

2017-07-18 05:22:49 | 新聞記事・Webニュース・テレビ・書籍

殺処分目前、抱き合っておびえる犬 投稿写真に大きな反響


悲しげな表情としぐさに多くの反響が寄せられた=Malena Evans

(CNN)
殺処分が目前に迫った2匹の犬が檻(おり)に入れられ、おびえ切った様子で固く抱き合っているように見える写真が保護団体のフェイスブックに掲載され、大きな反響を呼ぶ出来事があった。
写真に写っている茶色と黒白の犬は「カラ」と「ケイラ」。
処分施設の檻の中で、カラが茶色い両前足をケイラの首に回して固くしがみついている。
2匹とも、まるで自分たちの身にこれから何が起きるか分かっているかのように、おびえ切った表情に見える。
この写真は、殺処分施設から犬や猫を保護する活動を展開している米アトランタの非営利組織(NPO)「エンジェルズ・アマング・アス」がフェイスブックに掲載した。
2匹は引き取り手が現れない限り、その日のうちに処分される予定だったという。
このため同団体は投稿の中で、「もしも里親になりたいと思いながらためらっているのなら、今こそ決断すべき時です」と訴えた。
写真はインターネットで瞬く間に広まり、共有や「いいね」は数千に上った。
この反響のおかげで投稿からわずか2時間のうちに2匹の引き取り手が見つかり、殺処分施設を出ることができたという。
同団体は、男性に抱きかかえられて甘えるカラとケイラの2枚目の写真をフェイスブックに掲載。
「2匹はもう安全です!」というコメントに添えて、ペットの避妊と去勢を促し、「ペットは生涯を通じて責任を果たさなければならないことを分かって下さい」と呼びかけている。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保護猫を受刑者が世話し譲渡... | トップ | <九州豪雨>飼い犬、8日後... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む