動物たちにぬくもりを!

動物愛護活動の活動経過や日々の出来事、世の中の動き等幅広く紹介します。

へその緒が付いた子猫3匹を拾った夏休み

2017-05-17 06:01:17 | 新聞記事・Webニュース・テレビ・書籍

へその緒が付いた子猫3匹を拾った夏休み 元気に育った「ミー吉」

2017年5月14日(日) sippo(朝日新聞)


昨年7月、子猫を保護した時

「あんなに大変で、あんなに楽しい夏休みはなかったな」
都内に住む小学5年の女の子、ニイノちゃん(11歳)が、手にのるほど小さな3匹の子猫を保護したのは昨年7月のこと。
家を訪ねると、そのうちの1匹、立派に成長したミー吉とともに出迎えてくれた。

「ママと一緒に、犬のバニラ(2歳)を美容院に連れて行く途中だったんだけど、『ニャア、ニャア』と声がして。近寄ると、黒い物がモゾモゾ動いていた。ネズミかなって思ったら、猫だったのでびっくり」
生まれて間もないのか、まだへその緒がついていた。
ニイノちゃん親子は、いったんはその場を離れたものの、猫のことが気になって仕方なかった。
2人とも大の動物好きなのだ。
でも、人間が触ることで親猫が戻らなくなるのではないか、と気になった。
さらにもうひとつ問題があった。
父親がひどい猫アレルギーなのだ。だから、家で飼うことはできない・・・。
「あーどうしようと思っていたら、夕方に雨が降ってきて、ママと一緒にタオルを持って子猫を救いに行きました。パパには『命を助けたいから、家におかせてください』ってお願いして。家では飼わないってことも約束しました」


よちよち歩き始めたころの3匹

ニイノちゃんが段ボールと布で猫ハウスを作っている間に、母親が粉ミルクと哺乳瓶をペットショップに買いに走った。
哺乳瓶一本では足りず、すぐに100円ショップで注射器を2本買い足した。
最初のうち猫たちはミルクをうまく飲めなかった。
そのため「ちゃんと生きていけるのかな」と、家族はとても心配したのだという。
「主人の職場の方に、生まれてすぐの子だと(病気を持っている場合)死んでしまう可能性もあると聞いて、段ボールを頻繁にのぞき、動いているとホッとして。夏休みだったので、家族が交代で、数時間おきに授乳と排泄の世話をしたんです。主人も手伝ってくれました」
ニイノちゃんが記録していた「ねこけんこう記録表」には、当時のことが残っている。

「ミー吉・98g、ミー助・83g、三彩乃(ミーノ)・86g」(2日目)
「ミー吉・103g、ミー助・78g、三彩乃・82g」(3日目)
1日でミー吉は体重が増えていたのに、ミー助とミーノは少し減っていた。
それでも、家族がつきっきりで世話をした甲斐があり、子猫は3匹とも無事に育った。
雌のミーノは白黒の境目がはっきりし、雄のミー吉とミー助はグレーがかった黒が濃くなった。
引き取り先も、早々に決まった。
「主人の学生時代の友人宅にミーノが、友人の知り合いのお花屋さん宅にミー吉とミー助の2匹がそろって行く・・・はずでした。ところが、土壇場で変わったんです」と、母親が首をすくめる。
「実は、いざ全員を送り出すことなったら、さみしくて、耐えられなくなって」
そう話す横で、ニイノちゃんがいう。
「わたしは子猫全員がよそにいくって諦めていたのに、ママがわんわん泣いちゃった・・・。あんまり泣くから、パパも、しかたないねってなって(笑)」
ひと夏、愛情をかけて育てた“わが子”を、母親はどうしても手放せなかったのだ。
「2匹一緒にもらわれたほうがいいかなとも思ったのですが。先方にわがままを聞いていただきました。情がすっかり移ってしまったのですね、と理解してくださって」
子猫を拾ってから3週間後、一家は前から決まっていた旅行に行くことになった。
その間、子猫3匹を“ミーノの引き取り先”である家族が預かり、そこからお花屋さんに1匹もらってもらうことにした。


保護して10か月、立派に育ったミー吉

家に残すのは、ミー吉と決めていた。
ミー吉とミー助は、顔は瓜二つだが、尾の形は違っていた。
ミー吉のは“鍵シッポ”で、ミー助のはストレート。
その尾について、母親にはある思いがあった。
「尾がまっすぐなほうが、引き取り先で可愛がってもらえるのではないか、と考えてしまったんです・・・・。結果として、ミー吉は我が家の先住ミックス犬・バニラとの相性もばっちりで、家族に迎えて良かったなって思います」
ミー吉は、ニイノちゃん、パパ、ママのことはもちろん、バニラのことも大好きなのだ。
2匹でむつまじく遊んだり、追いかけっこをしたりする、いいコンビ。
生後10か月の今、体重は堂々5キロを超え、バニラよりも重たい。
テーブルの上に乗ってしまうのが家族の悩みだというが、ミー吉は明るく伸び伸びと育った。
その性格に、ニイノちゃんも驚いている。
「猫って、目がギョロッとして、少しこわいイメージもあったけど、ミー吉は全然違う。友達が家にきても逃げないし、かわいいって皆もいってくれます。勉強している時はじっと見ていて、空気が読める」
ゴールデンウイークには、バニラと一緒にミー吉も車に乗って、埼玉県の実家に里帰りした。
父親のアレルギーは、病院で出してもらった薬がよく効き、幸い今は症状が出ないという。
ところで、残る2匹のその後は・・・。
ミーノと仮に名付けられた猫は、その後「うなぎ」に改名。
先住のシマリス「りすお先輩」と仲良く暮らしている。
一方、ミー助と名付けられた猫は「龍」に改名。
先住の猫、虎千代の背中におんぶするのが得意だ。
幼い頃のミー吉も、バニラによくおんぶしていたのだとか。
「写真を見せてもらったら、うなぎちゃんと龍君の仕草がミー吉に似ている。やっぱり兄妹ね」
母親がそういうと、ニイノちゃんがパッと目を輝かせた。
「ママ、いつか、猫の同窓会ができるといいね!」

【関連記事】
【写真特集】拾われた子猫たち
【写真特集】ミルクあたえ赤ちゃん猫を救う ミルクボランティア

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペットを飼えなくなる可能性とは | トップ | 犬との関係は「親子関係」 ... »
最近の画像もっと見る

新聞記事・Webニュース・テレビ・書籍」カテゴリの最新記事