動物たちにぬくもりを!

動物愛護活動の活動経過や日々の出来事、世の中の動き等幅広く紹介します。

入院中の飼い主を病院の外で待ち続ける秋田犬

2016-11-12 05:49:21 | 新聞記事・Webニュース・テレビ・書籍

入院中の飼い主を病院の外で待ち続ける秋田犬に称賛の嵐(スペイン)

2016年9月4日 Techinsight


病院前で飼い主の回復を待つ秋田犬

忠犬ハチ公で知られる「秋田犬(あきたいぬ)」は、賢く従順な犬として日本でも人気が高い。
見知らぬ人に対しては警戒心が強く番犬としても活躍。
飼い主への厚い忠誠心を持つこの犬は、ヨーロッパやブラジルなどでも広く親しまれている。
このたびスペインから、1頭の健気な秋田犬のニュースが飛び込んできた。

先月28日、スペイン国内で家族と休暇を過ごし、バルセロナの自宅に帰宅途中だったサンドラ・イニエスタさん(22)は突然腹部の激しい痛みに襲われた。
車を運転していた父アンドレスさんは、飼い犬である秋田犬のマヤを連れ、急遽バレンシア州アリカンテのエルダにある病院「Hospital Virgen de la Salud」に向かったが、サンドラさんは盲腸炎と診断されそのまま緊急手術が施された。
サンドラさんは順調に回復しているものの、手術から1週間たった今も入院中だ。
そしてサンドラさんの手術日以来、病院前にじっと座る1頭の犬の姿が病院スタッフの目に留まり、マヤは病院のFacebookに登場した。
その後マヤの健気な姿はメディアで一気に拡散し、SNSでは秋田犬の忠誠心を称えるコメントが相次いだ。
アンドレスさんは地元紙のインタビューに「疲れた身体を休めようと、マヤを車の後ろに乗せて病院を離れようとしましたが、マヤは病院の玄関前に座って離れようとしないのです。マヤは家族の一員。サンドラに何が起こっているのかも、今は辛抱強く待つことしかできないこともちゃんとわかっているのです」と語っている。
入院中のサンドラさんはこのマヤの行動について尋ねられると、誇らしげにこう述べた。
「マヤの行動はバルセロナにいる時と変わりません。建物の中に一緒に入れない時は、マヤは入り口に座って私が出てくるのをじっと待っているのです。」
8月27日で2歳になったばかりというマヤ。
秋田県原産の日本犬が遠くスペインでも可愛がられ、その忠誠心に人々の関心が集まっていることを嬉しく思わずにはいられない。
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寄り目なネコちゃんがキュート! | トップ | 飼い主のお墓のそばで1年間... »
最近の画像もっと見る

新聞記事・Webニュース・テレビ・書籍」カテゴリの最新記事