動物たちにぬくもりを!

動物愛護活動の活動経過や日々の出来事、世の中の動き等幅広く紹介します。

個人宅から猫52匹を保護 愛護センターなどが引き取り手探す(北海道)

2017-05-06 05:48:52 | 新聞記事・Webニュース・テレビ・書籍

個人宅から猫52匹を保護 愛護センターなどが引き取り手探す(北海道)

2017年4月26日(水) sippo(朝日新聞)


保護された子猫=旭川市動物愛護センター提供

北海道旭川市の個人宅で飼われていた猫が繁殖して増えすぎ、飼い主が手に負えなくなったとして、市動物愛護センター「あにまある」が今月、52匹を保護し、新たな飼い主を探している。
同センターは責任ある飼育管理や早めの相談を呼びかけている。

飼われていたのは市内西部の一軒家で、今月上旬、この家を訪ねた市民から、「多頭飼育で大変な状態になっている」と同センターに情報提供があった。
もともと数匹の猫を飼っていたが、最近短期間のうちに60匹まで増えたという。
職員と飼い主が話し合い、センターが14日に52匹を引き取った。
飼い主は一部の猫しか不妊手術をしておらず、「増えすぎて管理できなくなった」と話したという。
52匹のうち成猫は32匹で、残る20匹は1カ月未満とみられる子猫だった。
いずれも健康状態に問題はなく、センターは成猫にはすでに不妊手術を実施。
これまでに愛護団体や個人に計16匹が引き取られた。
残る36匹はまだ施設におり、同センターやボランティア団体の「あにまある支援隊」がホームページなどで飼い主を求めたり譲渡会を開いたりしている。

【写真特集】ミルクを与え赤ちゃん猫を救う

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保護され野犬からセラピード... | トップ | 体重98キロ!イギリスで一番... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む