動物たちにぬくもりを!

動物愛護活動の活動経過や日々の出来事、世の中の動き等幅広く紹介します。

ペットの救急車

2016-09-18 05:23:50 | 新聞記事・Webニュース・テレビ・書籍

業界初動物看護師による「ペットの救急車」を10月1日より東京23区内限定でサービス提供を開始します

2016年9月12日(月) BIGLOBE(ドリームニュース)

株式会社CARE PETS(ケアペッツ)(東京都千代田区神田岩本町1-1岩本町ビル6階、代表取締役 藤田英明 http://www.carepets.tokyo/ )は、2016年10月1日より、動物看護師によるペット(主に犬・猫)向けの「ペットの救急車」のサービス提供を開始します。

【業界初のサービス内容】
「ペットの救急車」は、「ペットの様子がいつもと違う。どうしたらいいか分からない」等、緊急時に動物看護師がご自宅まで駆けつけ、必要があれば動物病院への搬送や付き添いなどを24時間365日提供する業界初のサービスです。
早朝や夜間帯、年末年始もサービスを提供しています。

【株式会社CARE PETS(ケアペッツ)とは】
高齢犬・高齢猫を対象に、動物看護師・動物介護士が、ご自宅に伺い、飼い主様に代わって訪問介護・看護・シッター事業を展開しております。
動物の体や病気、薬、ケアなど専門的な知識を持った動物看護師が介護・看護・シッティングにあたることで、加齢に伴う、健康上の管理やデリケートな対応が求められる排泄介助・食事介助等のケアを行います。
また、シッターサービスも動物看護師・動物介護士という有資格者のプロが行うので、これまで以上に安心してお預けいただいております。

【ペットの高齢化問題】
ペットを取り巻く環境は目まぐるしく変化しており、昭和58年の犬の平均寿命が7.5歳だったのに対し、現在は14.17歳と2倍近くになっています。
「一般社団法人ペットフード協会」によれば、一般的にシニアと言われる7歳以上の犬が全体の55.3%、猫が47.4%を占め、犬・猫の高齢化率は50%近くまで進んでおります。

【エリアと価格】
エリア:東京23区内
価格 :緊急時の訪問 5,000円 (搬送料は別途10,000円)

<ペットの救急車>
24時間・365日、動物看護師が駆けつけます。
・いつもと様子が違う?
・食べ物を吐いてしまった、食べない
・苦しそうにしている
・どうしたらいいかわからない
夜間でも遠慮なくお電話ください。
TEL: 03-6206-8428 (緊急時:080-3490-2106 /東京都23区対応)

お問い合わせ先】
株式会社CARE PETS 担当:石井英知
東京都千代田区神田岩本町1-1
岩本町ビル6階63号室
電話:03-6206-8496
メール:info@carepets.tokyo

ケアペッツのサイト http://www.carepets.tokyo/



ドイツやオランダではすでに走っている動物(野生動物含む)のための救急車。
日本でも、広がるといいですね!

オランダの動物専用救急車

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大型犬に迫る男の子 | トップ | チャリティー自動販売機登場 »
最近の画像もっと見る

新聞記事・Webニュース・テレビ・書籍」カテゴリの最新記事