ぴぃかぶぅ

ワンワン・ゆっき・うーたんの日常

ほしのたび

2017-07-13 23:33:58 | 日記
中学生の終わり頃から

駆け落ち願望が あった




願望と言うほど 大したことでは

無いんだけど

憧れと 言うか

まだ 夢見る夢子ちゃんの頃だから

訳も 解らずに 憧れたのだろう




その頃 よく聴いてたのが

あんべ光俊さんという

シンガー・ソングライターの楽曲で

彼の何枚目かの シングルが

「星の旅」という曲で

親に反対された二人が

汽車に飛び乗って 駆け落ちをする

と いう ストーリーだが

これに 思いっきり ハマったらしい




とても ロマンチックで

まだ 恋に恋する 年頃だったから

そのうち 大人になってくると

いろいろと 解ってくる




駆け落ちしたって

その後 ちゃんと 生活できるのかとか

キチンとした暮らしの基盤が無いから

そのうち 生活費等で モメて

破綻するのが 目に見えてくるとか

日々の暮らしと言うものは

そうそう ロマンチックでは

いられない




だいたい 親の 反対が無いし

親の言うことを 素直に聞いてた

子供でも 無かったし

歌の中の二人のように

ハードルが 有るわけが無かった




そして 相手がいなかったし( *´艸`)




大人になりすぎた 今

家庭もあり 仕事もあり 世間体もあり

幸せ?と聞かれれば

それなりに 幸せかも 知れないが

あの頃と違って

縛られるものが たくさんある

今なら

駆け落ちするのも

可能かも 知れない





まぁーやっぱり 相手が居ないが





( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今 、 ホタルを見ました | トップ | 歳月 人を待たず »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事