ぴぃかぶぅ

ワンワン・ゆっき・うーたんの日常

巧妙な夢の話 つづき

2017-04-05 21:43:55 | 不思議な話
それから 度々

それは忘れた頃にやって来て

こっちもどんどん

いい大人になっていく訳で






子供もいない いい大人が

地図を描いた布団を干す等と

こっ恥ずかしい事をしたくないので

夢との闘いが始まるワケで

まずは夢の中で

あれ?これは夢なんじゃないか?と

疑い始めたら

目をあける努力をし

更に思いきり 頬をつねってみる





大概は痛くないから

慌てて 夢の中の自分を起こし

リアルな自分も起こして

トイレへと一目散に走る





しかし 敵もさるもの

年々パワーアップし

そして昨日

夢の中でつねった自分のほっぺたは

強烈に痛くて

コレは夢ではないと確信し

安心して

用を足し始めた





しかし・・・・長い (゜д゜)




あまりにも長すぎる (/ー ̄;)





も、もしや! (@ ̄□ ̄@;)!!





慌てて 目を覚まし

トイレへと一目散に走る





ギリギリセーフ!( ̄▽ ̄;)





大人として

越えてはいけない線の手前で

かろうじて踏みとどまった




明日はあなたの番かも知れない・・・




((((;゜Д゜)))
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巧妙な夢の話

2017-04-04 22:10:03 | 不思議な話
それは思春期真っ只中の

中学生の頃





学校指定のジャージは

体育の時間だけではなく

放課後近い 掃除の時間にも

着用せねばならず

貧乏暮らしの我が家では

1着しか用意出来なかった為

毎日 帰宅すると洗濯し

ひと晩で何とか乾かし

翌朝 持ってくの自転車操業






ある日 帰宅後くたびれて

うっかりそのまま 寝てしまい 熟睡






翌朝 トイレに起きて

思う存分 出しきり スッキリさわやか!




・・・・なところで目が醒めた



(@ ̄□ ̄@;)!!




そこはトイレではなく

夕べ 疲れて倒れ込んだ布団の上

(´д`|||)





思春期真っ只中の乙女が オネショ(^_^;)

しかも その日は

体育の授業が一時限からあり

目覚めたのは

登校ギリギリの時間 ( ; ゜Д゜)





全てをあきらめ

「熱が出たので休みます」と

学校に電話を入れ

近所の目を気にしながら

布団を外に干し

シーツやらジャージやらを洗濯し

一日中 家に引きこもっておりました




あれから夢の中で

トイレに行く時には

何度も確認し 何度も頬をつねり

痛いか痛くないか

しつこいくらい

確認するように なりました





つづく・・・




(;¬_¬)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近のワシ (ー_ー;)

2017-03-30 23:01:58 | 不思議な話
今月 メチャメチャ 体調が悪いせいか




呼ばれたり

引っ張られたり

持ってかれたり・・・





イロイロ ヤバい・・・(´д`|||)





体調がいい時は

無視出来るんだけど

悪いとそうもいかない (>_<)




頼むから

ワシは素通りして

ワンワンに行ってくれると

有り難いんだけどなーと

都合のいい事を考える





。。(〃_ _)σ∥
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひな人形の行方

2017-03-03 22:56:25 | 不思議な話
今日はひな祭り





祖父(実家の母の父)の命日なので

子供の頃はひな人形も無く

いとこもワシらも

女の子ばかりだったにも拘わらず

ひな祭りもしませんでした





家族でひな祭りを

するようになったのは

結婚してからの事





子供の頃から

人形やぬいぐるみが大好きなワシは

友達の家に飾られる ひな人形が

とても羨ましくて

小さな物でもいいから欲しいと

母にねだったのですが

頑として首を縦に振らず

うちがビンボーだから 仕方ないと

思っていました




しかしある夏の日

TVで定番の心霊特集をしていて

その日は

人形にまつわる話をしていたのですが

それを見ていた母が

意外な事を言い出したのです





母が子供の頃

祖父が古いがとても立派な

お雛様を手に入れて

娘達の為に飾ったそうなのですが

その年 良くない事が

立て続けに起こり

手に入れた経路も怪しげだった為

もしかしたら ひな人形のせいかも?

と捨てる事にしたそうです




それを毎日くず集めにリヤカーで

回って歩いてる業者さんに 話した所

「そんな立派なひな人形を

捨てるなんて もったいない。

うちにも娘達がいるから」と

喜んで貰って行ったそうです




しかし 次の日から

くず屋さんは姿を見せなくなり

最初は風邪でも引いたのかしら?と

思っていた母の家族も

二度と姿を見せないのは

やはり あのひな人形は

何か曰くのあった物だったのでは?と

考えるようになり

それ以来 ひな人形に限らず

人形自体 買う事もしなくなった

そうです




いったい あのひな人形は

どういう曰くがあったのか

くず屋さんは

どうなってしまったのか?

今となっては解りませんが

その中で唯一

人形に執着するワシが産まれたのは

何故でしょう・・・





(;゜∀゜)













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今までで一番怖かったこと

2016-11-10 10:16:46 | 不思議な話
中学の頃 世の中を騒がせたもの

それは



「口裂け女」




あのズームイン朝でも

毎朝 口裂け女の目撃情報を

徳光さんが流していて

世の子供たちを

震え上がらせたものだ (;´д`)




当時 我が家にはお風呂が無く

(風呂桶が木で出来ていたので

父が入院してるうちに乾燥して

底が抜けてしまった)

橋を渡った向こう側の

少し離れた銭湯に通っていて

みんなで固まって行く分には

いいのだが

一人で9時頃行く時もあったので 怖い

(/´△`\)




街中と言えど 一本 道を外れると

人通りも無くなり 心細くなる




ある日 銭湯からの帰り道

夜10時近く 早足で歩いていると

向こうから髪の長い女性が

やって来る



普段はこの時間全く人通りが無いのに

何でこういう時に・・

しかも夏だというのに

マスクを付けて うつむき加減で・・





まさか・・・ねぇ・・((((;゜Д゜)))





すれ違うのも怖いので

反対側に移動・・・

すると申し合わせたように

その女性もこちらに移動してくる




どうしよう・・・(|| ゜Д゜)




仕方なく 何事もないよう祈りながら

すれ違った

心臓がバクバクして冷や汗が流れる

)(;>_<;)





結局 耐えきれず

振り返る事なく家まで走ったが

アレ以上の怖かった事は無い




σ( ̄∇ ̄;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加