a man‘s diary

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

誰能守候你一生

2017-02-22 10:43:46 | 日記

她兩歲的時候,有一次發高燒,昏迷不醒。父親連夜抱著她去醫院,路上,已經昏迷了一天的她,突然睜開眼睛,清楚地叫了聲:“爸爸!”

 

誰能守候你一生救世軍卜維廉中學父親後來常常和她提到這件事,那些微小的細節,在父親一次次的重複中,被雕刻成一道風景。每次父親說完,都會感歎:“你說,你才那麼小個人兒,還昏迷了那麼久,怎麼就突然清醒了呢?”這時候,父親的眼睛裏滿滿的都是溫柔和憐愛。說得次數多了,她便煩,拿話嗆他,父親毫不在意,只嘿嘿地笑,是快樂和滿足。她的驕橫和霸道,便在父親的縱容中拔節生長。

 

父親其實並不是個好脾氣的人,暴躁易怒。常常,只是為一些雞毛蒜皮的生活小事,他會和母親大吵一場,每一次,都吵得驚天動地。父親嗜酒,每喝必醉,醉後必吵。從她開始記事起,家裏很少有過溫馨平和的時候,裏裏外外,總是彌漫著火藥的味道。

 

父親的溫柔和救世軍卜維廉中學 寵愛,只給了她。他很少當著她的面和母親吵架,如果碰巧讓她遇到,不管吵得多凶,只要她喊一聲:“別吵了!”氣勢洶洶的父親便馬上低了頭,偃旗息鼓。以致後來,只要爸媽一吵架,哥哥便馬上叫她,大家都知道:只有她,是制服父親的法寶。

 

她對父親的感情是複雜的,她一度替母親感到悲哀,曾經在心裏想:以後找男朋友,第一要求要性格溫柔寬容,第二便是不嗜煙酒。她決不會找父親這樣的男人:暴躁,挑卜維廉中學剔,小心眼兒,為一點小事把家裏鬧得雞犬不寧。

 

可是,做他的女兒,她知道自己是幸福的。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 她的眼神 | トップ | 父母的關愛 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。