おばさんになった帰国子女

帰国して30年になる一昔前の帰国子女です。
もうすっかりおばさんになりました

留学していた娘

2016年10月17日 | 娘のこと
昨年8月からカナダに留学していた娘は4月に無事、帰国しました。

食事の量も質もビッグな海外留学なので
行く前は体重増加をすごく気にしていた娘ですが
体重計と大学のジムのおかげで 太ることなく
むしろジムで鍛えたおかげで体が締まって痩せて見えました。
帰国して会ったほとんどの人に「痩せたね~」と言われ 大満足の娘です。

無事帰国した娘は 休学しての留学ではなく在学したままの留学なので
そのまま3回生に進学。
(休学していないので、カナダ留学中、日本の大学の授業料も丸々支払ました

しかし!
帰国したのは4月末なので 大学は前期授業が始まっていました。
(前期授業は 4月1日から登録開始、4月中旬から授業開始)
でも、前期の授業登録はすでに終了しており前期は授業を受けられない娘

前期分の授業料はしっかり払っているにもかかわらず授業は受けれないこのシステム 

留学前からこのシステムには??でした。

だって、授業の登録は、パソコンを使ってネットで行うシステムになっているので
留学先の海外からでも登録することは十分可能はなず。
それなのに。。

どうしても納得いかず、カナダに行く前に大学事務に問い合わせとところ
一般教養は受講できないけど
専門科目だけは 教授にレポートを提出することで特別に受講を許可してもらえる ということでした。

大学授業料は払っているし、4月末に帰国しているのに なんでこんなことになるのでしょう?

本当に ここの大学って自分たちが儲けることしか考えていないんですね~ 
さすが 株式会社〇〇館大学 と言われるだけのことはあります! 

ま、仕方ないです。


前期は教授にレポートを提出して専門科目だけ受講できるようになりました。


娘は帰国してから、新しくアルバイトを始めました。
英語を忘れないように と英語を使うアルバイトを探したところ
京都のホテルのフロント受付のバイトを発見!
宿泊客の8割が外国人ということで 英語のできるバイトを募集していました。
応募、面接をクリアーして採用され、楽しくバイトに行っています。

確かにお客さんのほとんどが外国のかた。
風習や習慣の違いで ビックリすることもたくさんあるようですが
英語をたくさん使うことができるので 満足しているようです。


そうそう、留学前 500点台だった娘のTOEICの成績は
帰国後、860点になりました!!
リスニングがほぼ満点だったそうです。

たった8ヶ月とはいえ、やはり現地で英語生活を送ると違うんですね~ 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お昼寝 | トップ | シルバーウィークの弾丸旅行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む