『啓迪塾』松濤館空手道研究会 

松濤館空手道研究会『啓迪塾』とは・・・松濤館空手道を研究する、広めるオープンな研究会です。

空手道研究!!『引き続き「半月」研究!』

2017-07-11 01:23:12 | 空手道研究
空手協会が近年、故 杉浦首席師範当時に「半月」の「開手の状態での山構え」の後

反転して、「半月立ち-中段内受け・下段払い」の説明書きに

『示指(人差し指)以外の四指は浅く曲げ力を入れる』としている。



こういうことです。

「この手を使って、例えば『平安三段の二挙動等』、『慈恩の一挙動』の形と同じ形を作る。」

ということです。

この「手の作り」は、杉浦首席師範が突然に言い出したわけではなく、

本来の形を色濃く残していると言える「日本空手道松濤會」の故 江上茂師範の演武で確認できる。

映像はちょうど後ろ向きになっていて解りづらいが「右手の中段内受け」の示指が伸びているのが解る。



最近の映像では、松濤館-慶応大学OBが出している映像でも「示指の中段内受け・下段払い」が

確認できるので、途中で空手協会が本来の形を捨ててしまった疑いもあるが、

杉浦師範が軌道修正していただいて、空手協会にとっては大きな財産となった。



ぜひ、道場でチャレンジしてください!

京都市内ならば、ウチに来てください(宣伝)






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 少年武道へ
にほんブログ村







『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空手道研究!!「今日の研究... | トップ | お知らせ・今日7/23の稽古... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

空手道研究」カテゴリの最新記事