習志野湾岸9条の会

STOP戦争への道 9条を変えるな

6.19国会正門前行動(共謀罪強行採決弾劾)

2017年06月16日 | 集会・会合等
犯罪を計画段階から処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織的犯罪処罰法が
15日朝、参院本会議で成立しました。自民、公明両党が委員会採決を省略できる「中間報告」
の手続きを使って一方的に参院法務委員会の審議を打ち切り、本会議採決を強行。
異例の徹夜国会の末、与党や日本維新の会などの賛成多数で強行可決しました。
そもそも「中間報告」方式は国会法56条の3に定められた方式ですが、どうしても
急がなければならない案件について「緊急を要すると認められたとき」と条件づけられています。
何故「共謀罪」が緊急を要するのかの説明もありません。
「緊急事態条項」を改憲に入れようと狙っていることの先取りでしょうか。
沖縄のようにあきらめないで闘いがアベ打倒のために必要ではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6.13「共謀罪」委員会採決阻... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。