習志野湾岸9条の会

STOP戦争への道 9条を変えるな

アシスト会長ビル・トッテン氏(米にへつらう憲法破壊)記事

2016年11月08日 | 日記
ソフトウェア会社アシスト会長で実業家の ビル・トッテン氏のインタビュー記事です。
7月のインタビュー記事ですが掲載します。

「『アメリカ国民の中で自分の子どもを戦地で死なせたくない』という危機感が広がっており、
『属国』日本を使おうとしている。」《トッテン氏》
自国民の命は失わずに兵器産業は儲ける。安倍自公政権は日本の若者の命を米国に売り渡そうとしている。

(7/13しんぶん赤旗記事)


ビル・トッテン(Bill Totten, 1941年 -)はアメリカ合衆国出身の実業家、評論家。
現在、株式会社アシスト代表取締役会長。2006年9月に日本国籍を取得している。
ペンネームは、賀茂川耕助。
株式会社アシストは、東京都千代田区に本社をおくソフトウェアの販売会社。
Oracleに代表されるパッケージソフトウェアを日本で展開した最初の会社であり、
アメリカ人のビル・トッテン(2006年に日本に帰化)により1972年に設立された。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本と原発4年後上映会&トー... | トップ | 11.10衆院憲法審査会の再開弾劾 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。