車止めピロー:旧館

  理阿弥の 題詠blog投稿 および 選歌・鑑賞など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

只野ハルさんのうた

2009年11月02日 | 八首選 - 題詠2009
只野ハルさんの歌から8首。


076:住
訪ね来た住処の跡に佇めば人無き村に架く白真弓

068:秋刀魚
灰干しの秋刀魚のひらき旨いよと母は勧める何度目になる? 

067:フルート
中空の茎持つ植物茂るところフルートの故郷ならん

038:→
ポジションが いつも→だと 飽きちゃうと ←にしたら 手はどうしよう

021:くちばし
鷺一羽 朝靄の中 くちばしを 河底に刺す 典雅な朝餉

004:ひだまり
ひだまりをイメージすればおきまりの 花壇 老人 猫 子ども 犬

003:助
それだけじゃ助けになんてならないと言ったあの日を詫びようがない

002:一日
過ぎ去ったこの惑星の一日を異星でひとり思う日はいつ



自由律の一行詩、といった作風の只野ハルさんのお歌。

67番。
なるほど、そうかもしれない!と膝を打った一首。
世界各地で多様な楽器が生まれる背景って、
意外なところにあるのかもしれないですね。
こういう、読み手に新たな視点を開かせてくれる歌、大好きです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 櫻井ひなたさんのうた | トップ | 月下燕さんのうた »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました。 (只野ハル)
2009-11-02 19:39:43
取り上げて頂きありがとうございました。ひとりごと短歌、そのままの歌と称されたこともある呟き系です。
自由律の一行詩と言って頂き嬉しく思いました。
こんばんは。 (理阿弥)
2009-11-02 20:19:43
はじめまして。
完走、お疲れ様でした
特に67番にコメントさせていただきましたが、
3番もおなじくらい好きです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
おそくなったこんばんは。 (只野ハル)
2009-11-23 19:23:39
はじめまして。
こちらこそよろしくお願いいたします。

レス頂きありがとうございました。気付くのが遅すぎてすみません。
私は日々の出来事や想像した事などを詠んで「うたのわ」に投稿しています。
「うたのわ」に出会ってからの短歌です。
題詠には「うたのわ」歌人も多く参加されており、ある歌人さんのプロフで知りました。


Unknown (理阿弥)
2009-11-24 05:31:50
私は、ネット短歌はこの題詠blogだけなんです。
自分の作歌に行き詰ったとき、たまたまみつけまして。
「うたのわ」というのも、今度のぞいてみようかな・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。