車止めピロー:旧館

  理阿弥の 題詠blog投稿 および 選歌・鑑賞など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

佐山みはるさんのうた

2009年12月01日 | 八首選 - 題詠2009
佐山みはるさんの歌から8首。


084:河
かうもりが飛ぶゆふぐれの河に来て小さく泣けり嘘つき少女

079:恥
恥おほきわが一生(ひとよ)なれ風のむた秋海棠はほろほろ散りぬ

076:住
佳きひとの住みたまへるかカーテンに風さわりゆく新しき家

058:魔法
この先に魔法使いが住むやうな古家がありてアロエ花咲く

046:常識
「常識ってめんどくせえな」閉ぢかけた絵本のページにおおかみが言ふ

028:透明
透明はうつくしきかなレントゲン写真にわれの骨を数へる

025:氷
ロープウェー頂上駅の売店の氷旗いろ褪せてさがれり

008:飾
「ドーイドーイ」の掛け声に曳かれゆく船のみおしに花の飾られてあり



46番。
童話集をすっかり毒抜きされてしまった、
グリム兄弟やペローの呟きでしょうかね。
理屈では説明できない恐怖や、理不尽な現象が世界には潜んでいる。
それを子供のうちに知るのは、とっても大切なことですよね。
お祖母さんの語る、妙に怖い昔話や、秋田のなまはげって、
そういう役割を担ってるんだろうなぁ。

佐山みはるさんの歌は、日常風景の描写がとても丁寧。
見習いたく思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TIARAさんのうた | トップ | HYさんのうた »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。