車止めピロー:旧館

  理阿弥の 題詠blog投稿 および 選歌・鑑賞など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遠藤しなもんさんのうた

2009年11月29日 | 八首選 - 題詠2009
遠藤しなもんさんの歌から8首。


100:好
春暖の候、わたくしはすれ違う人の好意に甘えています

097:断
手をあげて横断歩道を渡りましょう 君が私に気付きますよう

081:早
早足であなたのことを追いかけた 「勝手、勝手」とヒールが鳴った

052:縄
連れてく気ないなら言うな 沖縄でハブに噛まれてしまえばいいわ

047:警
警察犬みたいに鼻を押し付けてもっと奥までさぐってみたら?

042:クリック
クリックで救える命もあるけれどできれば顔をみて救いたい

032:世界
世界中平和であればいいなあと思っただけの朝のコーヒー

002:一日
一日でいいから君になってみてあたしのスカートとかめくりたい



2番。
これ、倒錯のように見えて、倒錯じゃないんでしょうね。
自己愛のようでいて、自己愛でもない。
「君」が好きすぎる故の、同一視。
あまり男には無い感覚のような気がします。

42番。
32番にも通ずる、ちょっと辛辣な、豊かな国に住むものには耳の痛いうた。
やらない偽善よりやる偽善、なんて言われるけど、
さてクリックしただけで善行を施したって胸を張っていいのか。
って、これからの日本はそれどころじゃないのかな・・・

100番。
これはかの有名な、ブランチ・デュボアの台詞が下敷きである・・・
と見ましたが、どうでしょう?ちょうどラストの一首でもあるし。
違いは、この作中主体の若さ。春ですしね。まだここに悲劇の影はない。
でもこれが、季節が何度も巡って、何度目かの秋がくると・・・

わたくしはいつも見知らぬ方々の好意にすがって参りましたの
  I've always depended on the kindness of strangers.
  "A Streetcar Named Desire" by Tennessee Williams
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« bubbles-gotoさんのうた | トップ | かりやすさんのうた »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (遠藤しなもん)
2009-11-29 19:47:38
こんにちは。
鑑賞ありがとうございます。
全員分、読むだけでも大変ですよね。
すごいなぁ、と感心してしまいます。みんな嬉しいと思います。


ブランチ・デュボアのセリフ、実は存じませんでした。でも、すごい、そのままのセリフですね! びっくりしました。

教えていただいてちょっとトクした気分です。
ありがとうございました♪
こんにちは。 (理阿弥)
2009-11-30 12:35:33
はじめまして。
完走、お疲れ様でした

深読みについては、どうぞお許しくださいね。
私の中でピタッとシンクロしたのです。
でもこれで、この100番のお歌は、私はずっと忘れないと思います。
ブランチの台詞は(小田島雄志さんの名訳が有名と思いますが)、ここでは短歌風に訳出してみました。

「欲望という名の電車」もいいですが、「ガラスの動物園」もT.ウィリアムズの大傑作と思いますので、機会があったら読んでみてください。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。