車止めピロー:旧館

  理阿弥の 題詠blog投稿 および 選歌・鑑賞など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

畠山拓郎さんのうた

2009年06月06日 | 八首選 - 題詠2009
畠山拓郎さんの歌から8首。

081:早
大雨で早月川に水が増すワゴンRも流されてゆく

059:済
大和路へ病気平癒を祈りつつ旅してゆけば百済観音

053:妊娠
産み月は夏になるのかもうすでに妊娠している歌集の子

051:言い訳
言い訳は好きだったからそれだけと乗換駅で清算をする

050:災
災いのように彼女は現われてウーウーウーとサイレンが鳴る

044:わさび
ですますに変化をしたりつんとくるわさびのような君のくちびる

033:冠
企業名冠にしたスポーツの祭典も不況の波に襲われており

008:飾
飾らない素直な女(ひと)が好きだけど化粧は上手い方がいいかな



歌に力を与えるための一回性を、どのように確保するか。
「名詞の絞込み」も有効なひとつですよね。早月川にワゴンR。
固有名詞が、生き生きとした情景を伝えてくれます。
これが「近くの川に・・・RV車が・・・」だと途端につまらなくなりますもんね。
淡々と詠まれていることで、却って自然の威力が伝わってきますね。
それから「比喩」。
唇をたとえるのに山葵を用いた人は、かつてなかったのでは?

わたしもありきたりな表現の、類型歌ばかり詠んでいないか、
さいど確認しなくては。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アボガド?アボカド?正規表現? | トップ | ふみまろさんのうた »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (畠山拓郎)
2009-06-06 21:22:00
こんにちは、畠山拓郎です
選歌してくださってありがとうございます
今年は最後のほうで
昔の同窓生の名前一字の詠みこみも
こころみてみました
最初の頃はよく歌が出てきたのですが
最後の方で苦しみました
こんにちは。 (理阿弥)
2009-06-06 21:57:33
畠山さん、はじめまして。
完走おめでとうございます。

歌って不思議ですね。
日によって、数首まとめて詠めるときもあり、
うんうん数時間うなって、一首もものに出来ないときもあり・・・
人の脳が不思議、というべきでしょうか。

今後ともよろしくお願いします。
  理阿弥

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。