車止めピロー:旧館

  理阿弥の 題詠blog投稿 および 選歌・鑑賞など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

桑原憂太郎さんのうた

2009年11月11日 | 八首選 - 題詠2009
桑原憂太郎さんの歌から8首。


078:アンコール 
終わりなき日常過ごせり君たちに焦がれるやうなアンコールはない

063:ゆらり
放課後の援交生徒の対応の職員会議はゆらありゆらり

058:魔法
見えぬものに魔法をかけるA子には魔法をかけた見えぬものが見える

053:妊娠
妊娠に至つた学級担任を男子生徒がぐるりと囲ふ

037:藤 
1組の藤田に指導を入れたあと2組の藤田に謝罪を入れる

030:牛
屠殺場に連れられし牛 毎週の月曜朝の朝会の行進

023:シャツ
父親のワイシャツを夜に切り刻む母親の話を放課後に聞く

004:ひだまり
ひだまりの校庭に集ふ学級で生き抜くためにみんなでジャンプ



誰もが通過するけれど、その実質については
よくわかってない、学校という迷宮。
先生って、ときに聖職と言われたりするけれど、
そういう方々の歌にはひかれるものがありますね。
見え隠れする本音を読むのが嬉しい。

4番。
右へならえ!
ひだまりで飛び跳ねるという、子供たちの活き活きとした
躍動感と「生き抜く」という単語の生々しさ。
集団である以上、一定の規律は必要なんだけど、
子供たちのなかにも、自然と出来上がっていくルールがある。

30番。
教師たちの脳裏に流れるBGM。
嬌声をあげつつ並ぶ子供たち視点をかえればドナドナの牛

63番。
教師ひとりひとり、自らが高潔な魂ばかりで出来ていないことを知っている。
そんな当たり前の人間たちが集まって、欲望が作り出した案件を議論する、
そんなふわふわとした空気。
本音だけで話せれば、それほど楽なことはないんだろうけど、
いろんなものが壊れることも知っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きびしい | トップ | 美木さんのうた »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (桑原憂太郎)
2009-11-15 22:56:39
理阿弥様。
桑原憂太郎です。
拙い歌を読んでいただいてありがとうございます。そのうえ、素敵なコメントまでつけていただいて嬉しい限りです。
題詠Blogは、いろんな方の歌があって、いっぱい発見がありますね。私も理阿弥様のように、たくさんの歌を詠んで読んでいきたいです。
こんばんは。 (理阿弥)
2009-11-16 22:36:02
桑原憂太郎様
はじめまして。

たくさんのお歌を読ませていただきまして、こちらこそありがとうございました。
ひとつの立場や職業が題詠の向こう側に見えてくる百首は、とても力があるなぁと思いますし、
読む側としてもだんだんと思い入れが出来てきて、鑑賞も楽しいです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。