車止めピロー:旧館

  理阿弥の 題詠blog投稿 および 選歌・鑑賞など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

只野ハルさんの百首から

2010年11月29日 | 五首選 - 題詠2010
044:ペット
 寂しいとひとりごと聞かせてたペットショップの猫たちぼくを見てない


086:水たまり
  みずたまり悲しい恋の夢の跡ジャンプインして弾けて跳ばす
011:青
  倒れた赤い自転車が青い街路灯に照らされ不安な夜
009:菜
  春菜という名前を見ると思い出す幸せになっているよねきっと
006:サイン
  そのサインわからないよと泣き笑いしながら言うのわかったからでしょ


「人間とは全てに慣れ得るものである」
と、ロシアの文豪は言った。

自らをごまかす、というやり方で寂しさに慣れる術を身につけたので、
人はかえって、寂しいことがいかに辛いのかを知ってしまった。
さらに残念なことに我々はいま、
お金があれば一人でも生きられるのだ、
という思い込みが許される世界に生きている。

一方動物たちは、「社会的」なつながりが無いと生きられないということ、
そして恥ずかしさなど何の役にもたちはしないと知っている。
その分我々よりも甘え上手である。

寂しさを口にできずに一人ひきこもり、年間三万人を越している自死を選ぶ者たち、
その仲間入りをする前に、目の前の動物を連れて帰って名前をつけて、
まずはその一匹のために、生きてみるのも悪くはない。

  孤独死のニュースを余所に小綺麗なロップイヤーが顔洗ひをり   理阿弥
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草間 環さんの百首から | トップ | おっ さんの百首から »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました。 (只野ハル)
2011-02-15 21:04:54
題詠ブログ2011が始まったと連絡があり、久々に自分のブログを見て、選歌頂いた事に気が付きました。
ありがとうございました。
今年もゴールを目指します。
題詠ブログ、うたのわ、短歌ロイドに参加しています。
よろしくお願いします。
こんばんは (理阿弥)
2011-02-15 21:48:12
お疲れさまでした。
今年も参加されるのですね。

二週間で、もう走りきった方もいらっしゃるんですよね~。
私も参加表明はしたのですが、なかなか走り始められていません。


またよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。