わたしのお気に入りたち。

日常のことやお気に入りのモノのご紹介など、ほのぼのムードのブログにしたいです。

ライブCDの素晴らしさ☆

2017-02-08 23:54:02 | お気に入りのモノ

NHK朝ドラ『べっぴんさん』、昭和30年代になってから断然面白くなってきました。

巷では暗いとか脚本がイマイチとか言われていますが、私は好き。 『とと姉ちゃん』より落ち着いててイイ感じだと思う。最近の殺伐とした思いやりのない人々には退屈な世界なのかもね。。このドラマを観て、お洋服の生地や縫製のこだわりを真似したらいいのに。今の「安ければ何でもいい」という感覚、実に〝非日本的〟だと思います。


さて、以前、ジャクソンズのCD『THE JACKSONS LIVE(ザ・ベスト・ライヴ)』(1981年)を買いました。

これは、ジャクソンズ・トライアンフ・ツアー(1980年)のベスト・ライブをLPレコードに収めたものです。(今はもちろんCDだけど) ファンの評価が非常に高いライブ盤でございます☆

少し前の記事で書いたとおり、私はブルーレイ・レコーダーでCDを聴いていたのですが、その時は「あんまり。。」と思ったの。テレビは少し遠くで観ますよね。なので、音もその分遠かったのかも。(そんなに音量を上げられないしね) ライブの迫力が感じられず、レビューで絶賛されている意味がよく分かりませんでした。

なので、手放すことにしていたのですが、最近買ったCDプレーヤーで聴いてから。。と思ったの。そしたら、音が近いからか、すっごくイイ!

ジャクソンズのメンバー(特にマイケル・ジャクソン)の声や演奏が生々しく、とても高揚してしまいます。 マイケルの声は非常によく通るので、ホントにすぐ傍にいるかのよう。

『トライアンフ』はジャクソンズのアルバムですが、ほぼ同時期にマイケルのソロ・アルバム『オフ・ザ・ウォール』も出ていたのです。『トライアンフ』は100万枚を難なく超える大ヒットとなりましたが、『オフ・ザ・ウォール』は実にその数倍を売り上げ、ジャクソン5時代から超有名だったマイケル・ジャクソンの知名度は、他のメンバーの遥か上のものになってしまいました。(注:『オフ・ザ・ウォール』は全世界で800万枚以上売れた)

そういう事情もあり、このツアーは「トライアンフ」とはなっていますが、曲の半分はマイケルのソロだったの。『Off The Wall』『Ben』『She's Out Of My Life』『Rock With You』『Working Day And Night』『Don't Stop 'Til You Get Enough』と、13曲中の内6曲も入っています。

マイケルは元々ジャクソンズのリードボーカルでもあるので、ほとんど彼のソロ・コンサートのようでした。実際、マイケルのライブの原型はこれなんじゃないかな~~?? 構成がよく似てるものね。

このライブ、映像で観たいと熱望するファンが多数いますが、昨年出た『オフ・ザ・ウォール』のドキュメンタリー(スパイク・リー監督の)で少しだけ見ることができます。私、1度しか見てないので、どの部分だったかは忘れちゃったんだけどね。 あと、以前の記事でご紹介した『THE ONE』でも、まあまあの長さで見ることができます。『Ben』と『Rock With You』、『Don't Stop 'Til You Get Enough(邦題「今夜はドント・ストップ」)』の3つだけね。マイケル、すごぉくカッコイイよ~~。 (記事はコチラ

あ、『オフ・ザ・ウォール』のドキュメンタリーでは、『Working Day And Night』があったはず☆ ライブ丸ごとDVD化してほしいよね☆ 映像が全部は残ってないのかな~~??

そして、これも以前ご紹介した写真集『ヤング・マイケル・ジャクソン写真集 1974-1984』(記事はコチラ)では、トライアンフ・ツアーの臨場感あふれる写真を見ることができます☆

こういうモノを合わせて見ると、ライブの雰囲気が分かる気がする。

この頃から『スリラー』くらいまでが、マイケルにとって最も幸せな時代だったらしいので、私もしみじみとしてしまいます。この後の『ヴィクトリー』(1984年)を最後に、マイケルはジャクソンズを実質的に脱退します。当時は『スリラー』が音楽史上最高の売り上げを記録し(注:今も、そして今後も破られないであろう記録でございます)、彼の名前は(元々有名だけど)世界中の隅々までとどろき(さすがの私も知っていた)、「ジャクソンズのリードボーカルのマイケル」の枠から大きくはみ出てしまいました。

ジャクソン5~ジャクソンズの時代はマイケルにとって心地よいものだったはずですが、〝KING OF POP〟になるためにはソロしかないと彼は悟っていたのでしょう。この後、彼は様々な栄光と悲劇を経験しますが、仮にもう1度人生をやり直せるとしても、やっぱり同じ道を歩むだろうと後年述べていました。(母のキャサリンも同じことを言っていた)

マイケルのライブでは、必ずジャクソン5メドレーが盛り込まれていたけど、彼のノスタルジーを感じて切なくなってしまいます。


さて、この『ザ・ベスト・ライブ』の頃のマイケルは、全盛期の頃に比べると素朴で垢抜けず、優雅な身ごなしもありません。〝育ちの良さ☆〟は感じますが、この頃のマイケルは少々野暮ったい感じでした。

でも、当時22歳のマイケルの甘~い声と丸顔(失礼)のハンサムな顔は超キュートです。 ホントにラブリー。

特にバラードの『Ben』と『She's Out Of My Life』は彼の息づかいまで聞こえ、超ウットリ。 この頃は喋っている時と同様、歌唱中も鼻にかかった甘い声なの。若いからか激しいダンスをしていても声に乱れが少ないし、普段は蚊の鳴くような小さな声で喋るマイケルですが、ライブ中の声量は素晴らしいです☆ 彼って結構早口だよね。。何言ってるのか分かんない、私。


そして、「トライアンフ」ツアーから8年後。

ソロとしての初ツアー「バッド」のウェンブリー公演が『BAD25』(記事はコチラ)に収録されています。ライブDVDもありますが、音声だけのCDもセットされているの☆

この公演は、マイケルが自分でチェックするために録画したVHSからの映像と音声なので、状態がイマイチです。 なので、音質も「トライアンフ」に比べると少しこもった感じ。そんなに極端に悪くはないけど、もっと澄んだ音で聴きたいかな~~??

でもね、CDだとマイケルの声に集中できるから、DVDとは別の魅力を感じるの。 映像だとマイケルの麗しすぎる姿と超絶のパフォーマンスに目がクギづけで、歌をあまり聴いてなかったりする。。

「バッド」のマイケルは、あと少しで30歳という〝THE・大人のオトコ〟の魅力全開でした。

「トライアンフ」の時のラブリー  な印象は減っていますが、バッド期は何といってもマイケルの全盛期です。 90年代からの繊細でエレガントな雰囲気になる前の精悍な魅力にあふれ、エロくてセクシーで男っぽい。 声も「30近い男だな~~」という力強さを感じます。(意地悪マスコミが揶揄するような「中性的」なイメージなど皆無でございます)

「バッド」ツアーも全てナマ歌なのですが、マイケルの歌の上手いこと☆ 『Billie Jean』とか『Man In The Mirror』など、オリジナルと変わらない歌唱です☆ 踊りながらだから歌ってない部分もあるけど、やっぱり彼は凄いよね☆

私、ライブ盤って好きじゃなかったけど、この2枚を聴き、考えが変わりました。オリジナルとはまた別の魅力があるよね、臨場感があって。時々マイケルの可愛らしい〝お喋り(?)〟も聞けるし。 マイケルはMCなしの人だけど、稀に発する言葉に胸がキュンとしちゃいます。 「バッド」の時は迫力ある歌声だけど、話す声はやっぱり甘くてラブリー。

ただ、この頃の貫禄はすごく、もはやジャクソンズ時代の面影はありません。まさに〝KING OF POP☆〟です。 

こんなお写真を見ると、やっぱりラブリー  なんだけど♪ ↓

この表情を見てると、マイケル、ジャクソン5の頃とあまり変わってないと思っちゃうわ☆

ライブのジャクソン5メドレーは、実際にマイケルのノスタルジーなのでしょう。自ら望んで兄弟たちと離れ離れになりましたが、心の奥底では、あの〝幸福な時代〟に思いを馳せていたのかも。。

「トライアンフ」ツアーのジャクソン5メドレー、ホントに息がピッタリ合ってるよね☆ (「本家」なので当たり前だけど ) ソロではやらない『ABC』も含まれていて新鮮♪

やはり80年代はキラキラしています。


*2月28日追加

2月23日の記事は、私の心の問題から削除させていただきます。ゴメンナサイ。。 (疲れるホビーは神経に良くないようです。。

なので、パリスの近況部分のみ、こちらに移します。 ↓

パリスは本格的に芸能活動を始めるようです。先日はグラミー賞のプレゼンターで出ていました。さらにシャネルの広告モデル()やドラマにも出るらしい。(下のお写真はグラミー賞の時です)

彼女の美しい顔立ち&素敵なスタイルは、父親譲りだと思います。顔も小さいしね☆ (鼻や口はデビーにも似ている) パリスね、髪の色をブロンドにしてるけど、ホントは栗色なの。お肌も真っ白ではないし。(なぜこんなことを、わざわざ言わなきゃいけないのか分からない)

これはよく分からないけど、何かの雑誌のカバーかも。とても18には見えない。。 パリスは普段すっぴんだし、メイクすると別人みたいになるよね。

先日の『ローリングストーン』誌の表紙カバー、単にマイケル・ジャクソンの娘だからという理由で一流誌の表紙に載るなんて。。などという批判もあったそうですが、彼女は結構才能があるのかも☆ 何かそんな気がするの、私。

ダディを超えるのは至難の業ですが、父と子を比較するのは意味がないと思います。プリンスは友人のミュージックビデオの撮影をしたり、マイケルがしてきたような慈善活動に力を入れていますし、彼らは自分の行く道を〝親の七光り〟と無関係にシッカリ考えているのではないでしょうか。(ブランケットはマイケルのような才能があるとチラッと聞いた気がしますが、この先どうするのかしら☆)

マイケルの子どもたちは、一般人なら数百回は生涯遊んで暮らせるような財産(1000億円くらい?)を受け継ぐことになっているようですが、自分自身でお仕事する気持ちを持っています。

マイケルも天国で誇らしく思っていることでしょう。


ぽちっとお願いします。 ↓



ザ・ベスト・ライヴ
クリエーター情報なし
SMJ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パリスの言葉。 | トップ | 毎日を丁寧に☆ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新たな☆ (わんこ☆)
2017-02-18 23:56:21
ringoにゃんさま、今晩は。

京都も先日は大雪だったみたいですが、大丈夫でしたか?
松江はいつも雪が降るけど、こちらはあまり降りません。雪は見るだけならキレイだけど、雪かきはヤダわ。。

『Got to be there』はマイケルのソロデビュー曲でしたよね? ということは、かな~り昔のものなのね。。
この頃は高い声で歌いまくりだったけど、喉が潰れなくて良かったわ。聖子みたいにハスキーになるかもしれなかったものね。。

マイケルのカバー、教えてくれてありがとう。
今夜はもうこんな時間だから聴けないけど、明日、ゆっくりくつろぎながら聴きたいです♪
マイケルってカバーも違和感ないよね。ビートルズとかのも〝本家〟より上手だったりして。。(余談だけど、アースもそうだよね☆)

そうそう、げん玉のポイントがイキナリたくさん付いててびっくりしたけど、ringoにゃんさまのお友だちポイントかしら。
もしもそうなら、どうもありがと~~。

あとね、オルゴナイトで興味があったレジン、お試ししてみたの☆ そしたら、結構面白い感じ♪
後日、記事をUPしますけど、ビーズよりもラクチンで、自己流でも色々作れそうだよ~~。

ringoにゃんさまも、もうしてる??
どうちよう? (わんこ☆)
2017-02-19 23:26:48
ringoにゃんさま、今晩は。

マイケルのカバー聴いたよ~~☆ 彼って、やっぱり上手だよね☆☆
歌って単に上手なだけでは心に響かないと思うけど、マイケルの場合は上手なうえに人の心に語りかけてくる感じなんだよね。。

レジンは初期投資が結構かかりますね。。というか、1つ1つは少額だけど、塵も積もれば。。という感じ??
UVライトだけは買った方がいいかも。私は楽天で1500円くらいのを買いました。超ちゃちだけど。 でも、ちゃんと硬化する。

デイヴィッド・ギャレット、カバーのものを聴いてみたいな~~と思っているのですが、今ちょっとレジンにおカネを使い過ぎているので、もう少ししてから。。
彼、ドイツ語もできるのね☆ 海外の人って何か国語も喋れるからいいよね。でもドイツ語。。(宇宙語だわ)

マイケルの画集もドイツから出ているけど、単語一つ理解できましぇん。。 英語もサッパリなのに。

私、英語を何とか読めるようになりたいんだけど、日々忙しくてお勉強どころじゃないわ。英語のtwitterとか見てるけど、曖昧にしか分からなくて残念。最近はクインシー・ジョーンズのまでチェックしてるの。(彼、80過ぎてるのに、絵文字顔文字を駆使してツイートしてるの。。男としては珍しいよね、可愛いけど)

DVDに英語字幕はないの? 英語なら何となくは分かりますよね。(私はイマイチだけどね)
でも、好きな人の言葉を聴くためなら、難しい言語でも習得できるかも。

Amazonマーケットプレイスは私も時々利用していますけど、今のところトラブルはありません。昨年、マイケルのアルティメット・コレクションが欲しくて、当時は出品者から買うしかなかったんだけど、大丈夫だったよ~~☆ アメリカから来るから少し不安だったけど。評価の高い人なら大丈夫じゃないかな~~?

昭ちゃんのカレンダーや本、私も今はときめかなくなってて、どうしようかな~~と思っています。かなり高い昔の本も買ったんだけど。
人間って何かあると、すぐに冷めてしまうものですねぇ。。

彼の素敵な声やハンサムな顔は、私の心に永遠に記憶されているので、モノはとりあえず、ひとまとめにして箱に入れて保管しようかな。。(数年後にお嫁に出すかも。それか処分するかも。。。)
頑張れ~☆ (わんこ☆)
2017-02-20 23:15:59
ringoにゃんさま、今晩は。

私もよく打ち間違いをしますよ~。前は訂正してたけど、最近はそのままにしてることが多い。。

ドイツ語、頑張ってね。 愛する人のためなら、きっと習得できる。

私も英語の本を図書館で借りてみようかな~~。。(って、今まで何度もしてるんだけど)

デイヴィッド・ギャレットの曲のご紹介もありがとうございます♪
新たに心ときめく人ができるって、いいよね。 生活に潤いが出るし、心の支えにもなるし、生きがいにもなる。

私はもう、クダラナイ政治の世界の人に好意を抱くことはないと思うけど、マイケル・ジャクソンは生涯愛すると思います。(今思うと、あの頃って少し変だったかもね、私たち

というか、これ、断言できる☆

後は素敵なホビーをしたり、毎日を充実させてハッピーな気持ちで過ごしたいわ。

それにしても、私は今月、結構おカネを使っちゃったわ。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。